So-net無料ブログ作成

春の島

東京で過ごした最後の日、
季節外れの大雪が降りました。

「冬はここに置いていきなさい。
ここから先は、春だよ。」

そう、夫が言ってるような気がして、
窓の外の真っ白な景色を眺めていました。

春になったら、
みんなでおにぎりを食べようって言っていた、
窓の向こうに見える芝生の広場も、
二人で休み休み散歩した道も、
全部が真っ白に染まって。

待ちわびていた満開の桜なんかに
見送られなくて、よかった。
ほんとうに、よかったなぁ。


島には、
ツバメが戻ってきて、
散歩に行った子供の手には、土筆のお土産。
島のあちこちに山桜や菜の花が鮮やかに色づいて、
タラの芽を山のように頂いたりして。
いつもと変わらない穏やかな島の春が、
待っていてくれました。

もしもここが街で、私が一人だったら、
きっと誰とも会わず何も出来ず何も食べずに
過ごしてるんだろうな。

でも、
私にはかわいい子供たちがいてくれて、
頂いた採れたてのお野菜や海の幸で、
豊かな食卓を変わらず囲むことが出来て、
なんて有り難いんだろう。

長男の卒園式も無事に終えて、
4月からは3人そろって小学生です。

島に戻ってくることは、
家族全員、少しの迷いもありませんでした。

みかんと海があって、
優しい人達のいる、
パパと私が大好きになった島を、
子供たちも、好きでいてくれてよかった。

沢山の人たちに支えてもらいながら、
また、ここで、がんばります!

***********************

2008-0406 006.jpg

今回宅録はBobby Mcferrin のDon't Worry Be Happyで。
その昔、落ち込んでいる僕に、
「とりあえず、この曲聴いて元気だしなよ」
と友達が聞かせてくれたのが、きっかけ。
聞かせてもらったときは、さほど良い曲とは思えず、
何年かしてから曲の良さに気づき、友達に感謝を感じて
それを伝えると
今頃気が付いたのかと笑われた。
是非是非、聞いてみてくださいませ~



nice!(4)  コメント(2) 

未来はまだ輝いてるぜ!

夫のお別れ会の日。

古いブログに夫がアップしていたオリジナル曲やカバー曲を、
義弟Kちゃんに一枚のCDに焼いてもらって、
それをBGMに流していました。

最後の見送りの直前、
会場から全ての音が消えた瞬間に、
はじまったのがこの曲・・・

真心ブラザーズのカバー
”明日はどっちだ!”

俺はまだ死んでないぜ

未来はまだ輝いてるぜ

君はまだ俺を好きか


あんまりにあんまりなタイミングだったから、
おっ!
夫、生きてるな!って思って、
ちょっと笑って、それから泣いた。

私はこれから永遠に夫と共に生き続けるし、
二人で輝かせた未来はこの先絶対に曇らせないし、
不幸になるつもりなんて、さらさらねーわ!

二人で生きた時間が、
二人で見つけた闇を照らす魔法が、
今の私を、救ってくれる。

負けねーぞ!


*****************

1.jpg

真心ブラザーズ 明日はどっちだ! 歌ってみました。
よろしければ聞いてみてください〜。


nice!(3)  コメント(4) 

悲しい、お知らせ。

001.jpg

【訃報】

2018年3月2日、
みずたま農園園主の夫が永眠致しました。

病が発覚してからの1年余り、
沢山の泣き言をいいながらも、
いつでも前を向いて、大きな夢を見て、
最後の最後まで闘い、生き続けた夫を、
そして、夫と共に歩んだ日々を、
心から誇りに思います。

人が大好きだった夫に、
これまで関わってくれた全ての皆様に心より感謝致します。

4年前の3月、
読んでくれた人が少しでも楽しくなれたらいいねと、
毎日欠かすことなく夫婦で更新してきたこのブログに、
このような悲しいお知らせを書く日がきてしまったことが
今はただただ残念でなりません。

夫の治療に専念するため、
12月の中旬からは家族全員で島を離れ東京に滞在しており、
何事もなかったかのように営農再開する予定のまま、
長らくの休業、また、ブログの更新も途絶え、
ご迷惑ご心配をおかけしてしまい申し訳ありません。

家族で島に移住して
みずたま農園を立ち上げたことは、
夫にとって大きな祝福でした。
皆様からの応援や嬉しいご感想のメッセージは、
これからも私達にとっての財産です。
ありがとうございました!

東京でお見送りの儀などを無事に終え、
昨日、家族で島に戻ってきました。

営農形態など、多少変わることになると思いますが、
みずたま農園、近日営農再開の予定です。
どうぞ今後共よろしくお願いいたします。


沢山の感謝を込めて。


みずたま農園

nice!(2)  コメント(0) 

台所にご飯 [島暮らし]

引きこもり生活続行中・・・

やっと、終わった!と思ったのに、
提出期限などとっくに過ぎてる
忘れてたのがぞくぞくと!
出てきたー!!!!!!

ひぃぃぃ

部屋中に書類が散乱する中、
半べそで、ドアをガラガラ開けたら、
台所にご飯が置いてあって、
お隣さんからのメール。

なんてこった。

それがまたばっかみたいに美味しくて。
泣けてきました。

千と千尋じゃないけど、
時々、ちょっと弱っている時とかに、
誰かが作ってくれたご飯に、
魔法を感じるときがあります。

よし、がんばろっ!


nice!(2)  コメント(0)