So-net無料ブログ作成
検索選択

キャンピングカーで四国カルスト!!③ [島暮らし]

IMG_2741.JPG

河川敷でのBBQの後は宝泉坊温泉へ♪

こちらは、温泉の他、温泉水を利用したプールの他、
安価に泊まれる宿泊ロッジなども併設の健康保養施設です。

プールも楽しそうだったのですが・・・
かなり足止めを食らいそうだったので(笑)

家族風呂へ直行ー!

四国カルストから下山して一番近い温泉は、
「雲の上温泉」なのですがこちらは家族風呂がないので、
家族風呂好きの我が家、遠周りながら今回はこちらにお邪魔しました。
いや~、家族風呂が空いててよかったです(笑)

泉質もなかなか良く、熱めのお湯も立ち寄り湯にはベスト♪
みんなでのんびり疲れを癒しました~。
はぁ~きもちよかった~。

湯上りに休憩したいところでしたが、宝泉坊からカルストまでは
まだけっこう距離もあり夕暮れ時も近づいてきていたので、
暗くなる前にはなんとしてもカルスト入りを!と、
四国カルストを目指します。

宝泉坊を少し過ぎるといよいよ高知県に突入~。
雲の上温泉を通り過ぎしばらく進むと、
四国カルストへ繋がる「東津野城川林道」の入り口が見えてきました!!

事前に調べていた情報通り、
「林道」とはいうものの
2車線の舗装された道路のため走りやすく、
途中一車線になっている箇所なども、時間的にも対向車がいなかったので、
比較的安心して走ることが出来ました。
愛媛側からのルートだとかなり過酷なドライブになるようなので、
遠回りながらこのルートを選択して正解!でした。

そして!いよいよ!!

四国カルスト、天狗岳に到着です♪
ここからはちょっと道が狭く、
しかも一面に濃い霧・・いや雲?でカルスト台地など全く見えません(笑)

しかし車を走らせていくと、
霧に包まれた青い草原に黄色い花(ハンカイソウ)が群生する、
まるで夢の中の世界に迷い込んだのかと疑うような、
少し怖くなるほどの幻想的な景色が・・・

そして少しずつ視界が開けるにつれ、
目の前に広がるのは、
なだらかな緑の大地に点在する白い石灰岩、
そして放牧された黒い牛たちの姿が悠々と歩く姿・・・

見たことのない異次元の絶景に、
ただただ、圧倒されるばかりです!!!!


つづく





nice!(2)  コメント(0) 

キャンピングカーで四国カルスト!!② [島暮らし]


IMG_2738.JPG

いざ、四国カルストに向けて出発ーっ!

初体験のキャンピングカーの空間はまるで動く家のようで、
なんだかとっても我が家らしく、家族でのんびり移動です。
心配していた運転も、思っていたより楽だったようで一安心。

四国カルストへは愛媛側からと高知側から、
それぞれいくつかのルートがあるのですが、
事前に調べていたところ対向車とすれ違うのもままならないような
かなり険しい峠道を通るルートも多いようで、
今回は慣れないキャンピングカーということもあり、
一番走りやすそうな高知側から舗装された林道を通って
カルスト入りすることに。

四国カルストには、温泉のある宿泊施設はありますが、
今回キャンプする姫鶴平にはキャンプ利用で入れる温泉がありません。

(少し離れた場所にある天狗岳にキャンプする場合は、
天狗荘の展望風呂が利用可能。
また、カルストへと向かう林道の入口近くには”雲の上温泉”もあります。)

ちょっと遠回りになりますが、
松山市街を抜けて、内子方面から高知方面に向かう途中にある
”宝泉坊”で家族風呂に立ち寄って行くことにしました。

とその前に、まずは腹ごしらえ~♪

道の駅や、ちょっと賑わった河原などもあったのですが、
肱川の広々とした人気のない河川敷に
ちょうど車が降りれるようになっていたのを発見したので、
キャンピングカーを停めてBBQをすることに!!

キャンピングカーのタープを広げ、
テーブルと椅子を設置すればたちまちキャンプ空間に。
この気楽さがキャンピングカーの魅力ですね。

そして、お待ちかねの、お肉!
もちろん先程買い込んだお肉です!

これがー!美味しいーーー!!!

お米も炊かず、野菜もほとんど焼かず、
ひたすら肉!そして肉!という硬派な食事を満喫(笑)

そして次なる目的地、宝泉坊温泉へ!

つづく


nice!(3)  コメント(0) 

キャンピングカーで四国カルスト!!① [島暮らし]

IMG_2733.JPG

夏休み、近場でどこか行きたいねと色々探プランを考えていたのですが、
今年はちょっと特別なことがしたいな~と、
突如頭に浮かんだのが、

移住してからずっと行きたかった

”四国カルスト”!!

そして、以前からずっと乗ってみたかった、

”キャンピングカー”!!!

移住後すぐに調べた時には、
愛媛県内でキャンピングカーがレンタル出来るレンタカー屋さんは
一店舗しかヒットせず、しかもけっこう高かったので躊躇していたのですが、
いつの間にかもう一店舗増えていました。
しかも、キャンペーン中こともあって思ったより安い!

(もともと、離島のため車旅行の場合松山までのフェリーの往復だけでも
1万円程かかってしまうので (痛いぃ・・><)
それを考慮すればレンタカーも使い方次第では逆にお得なこともある島暮らしです。
しかもキャンピングカーなら宿泊代もかからない~♪)

夏休み中で希望貸出期間の直前ということもあったので、
半ば諦めながらもダメ元で電話してみたところ、

なんと!ちょうどその期間だけ空いているとのこと!!
しかも、フェリー乗り場までキャンピングカーで
迎えに来て頂けることに。助かります~。

ということで、急遽!
憧れのキャンピングカー旅決定です♪わーい!

荷物は最小・・とはいえ、
四国カルストはかなり標高が高く、
夏でも肌寒いという情報もあったので、
大きなバックパックに防寒着やブランケットだけはギューギューに詰め込み(笑)
まあ、あとはなんとかなるさ!といざ出発。

子供たちには、キャンプをすることは伝えたものの、
キャンピングカーのことは内緒にしていたので、
反応も楽しみ♪

そして、いよいよフェリーで高浜上陸!

港から少し歩くと、
送迎のキャンピングカーが停まっていました!!

いつものように電車に乗るとばかり思っていたので、
最初はきょとんとしていた子供たちでしたが、
キャンピングカーに乗り込むと

うぅわぁあーーー♪と

一気にテンションが上がり、
早速二段ベッドに上って遊びはじめました。

パパママも、もちろんテンション上がります!!!

お迎えに来てくれた店長さんもとっても気さくな方で、
BBQをやろうと思っていると伝えると、

それじゃあ、いいお肉屋さんに連れてってあげよう!と、
お肉屋さんやスーパーにまで立ち寄ってくれました(笑)

そのおすすめのお肉屋さんというのがまた!
小さな店構えからは想像できないのですが、
一歩入ったら素人目でも只者ではないことが分かるほど、
美味しそう~な高級肉がブロックでドーンと並んでいたりするようなお店で、
しかも安い!(東京のお肉屋さんなどでは桁が違うそうです!!)ので、
ついつい、追加追加で沢山買い込んでしまいました。
肉じゃ肉じゃ~(笑)

レンタカーに発泡スチロールケースと保冷剤まで
車に積み込んでくれていた店長さんに感謝感謝です(涙)

スーパーでも必須アイテムのカセットコンロなど少し買い込み、

自宅兼キャンピングカー販売&レンタルショップ・・・
さらに、店長さん自らDIYで作られたというBBQテラス?から
露天風呂付きの単身者向けの宿まで併設された、
店長さんの趣味全開!!の素敵なショップで手続きを。

事務所のすぐ傍がキッチンだったのですが、
キッチンから家庭用のお鍋やナイフ小型のまな板まで貸して頂き(涙)
さらには、HPでは衛生上の理由で貸し出していないと書かれていた
寝具類まで・・・
洗えるもの出しておいたからよかったら使って~と、
沢山のタオル類まで貸し出して頂きました><
その他、
小型BBQコンロから、キャンプ用テーブル&椅子、カセットコンロ、やかん等々!!
ついでに玉ねぎまで頂いてしまいました(笑)

電話での問い合わせの際には、
レンタル備品の種類や価格など聞いてもよくわからなかったのですが、
これだけ借りてレンタル代、しめて千円とは有難い(涙)

実はショップすぐ傍のお弁当屋さんが、
中島出身の方だそうで、
よかったらここでお弁当食べてから出発したら?なんてご提案も頂き、
私達も島出身の方にもお会いしたかったのですが、
早くキャンピングカーに乗りたくてうずうずしていたので(笑)

早速出発することにしました!!

”大好き”を仕事にされてとっても楽しそうな店長さんにお会い出来、
レンタカーショップというよりはむしろ、
世話好きの親戚のおじさんからキャンピングカーを貸してもらったような、
そんな、あったかく素晴らしい出発となりました。

そして、いよいよ四国カルストへ出発ーーー!!!


つづく



nice!(2)  コメント(0) 

ある日の休日 [島暮らし]

IMG_0340.JPG


暑い。
暑い日が続いています。
さすがに夏バテになります。
先日、みずたま農園お休みの日。
松山市内にお子様添い寝無料のホテルを発見!
したので、家族で市内へ出かけました。
この日は最初から
あまり活動的な計画を立てず
松山市駅にあります、東急ハンズで部屋遊び用の
おもちゃやゲームを購入。
最速の時間でチェックインし、
後はお部屋でひたすらノンビリ過ごします。
激安の宿泊費ではありましたが、
ホテル自体は中々リッチな佇まい、
室内も広く綺麗で
10階でしたので眺望も良く、
1000円ポッキリの床屋さんで
上手な美容師さんに当たり
予想以上にカッコよく仕上がった時のような
お得感がありました(笑)
難を言えば市駅から多少遠いところでしたが、
それを差し引いても
充分な満足感がありました。
夜になると、ライトアップされた松山城も
これまた綺麗で、
眼下に広がる松山市内の夜景にも
心休まるものを感じました。

普段、島暮らしをしておりますと、
徒歩で行ける場所で買い物をすることに
(島で一番近いスーパーまでは車で15分ほどかかります)
ものすご~い新鮮味があります。
この日の夕方は
子供たちをホテルへ置いて
久しぶりに二人で手をつないで
市駅の高島屋まで夕食を買いに。
「デパ地下」でのんびりと
夕食を物色。
これが、楽しい!&リッチな気分(笑)
時間に囚われず
おしゃべりを楽しみながらの買い物。
都市に住んでいますと
何気ない普段の日常だと思いますが
「島人」の僕らにとっては
もはや非日常であり、
休息の時間なのです。
美味しいものを沢山買い込んだ後は
部屋へ戻って皆で夕食。
どんな時でも、どんな場所でも
やはり家族揃っての食事は美味しいですなぁ。

思いつきでの市内での一泊でしたが、
中々に楽しいホテルの利用法でありました。
ただ、ただ、
こんな風に
「何もしない」
一日を過ごすための一泊も
鯔背な時間の過ごし方に思えて
満足、満足。
ホテル=観光
の概念から少し脱却した
大人な休日でございました。
あと・・・・
部屋に蚊がいない、というのは
ホントにリラックスできますね~(笑)
気密性の高いお部屋に住まわれている方々には
いまいちお伝えするのが難しいのですが、
隙間だらけの我が家。
母屋、離れのお風呂、トイレ
と至る所、
蚊の羽音のシンフォニーが(笑)
それが無い、
というだけでも
極楽、極楽
なのでございます~


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

上空から。 [島暮らし]

IMG_0423.JPG



松山空港は海沿いにあり、
丁度、中島の方向を向いて滑走路があるために
離着陸時に窓際に座っておりますと、
島が良く見えます。
あぁ
大浦が
神浦が
長浜が
そして
宇和間が。
慣れ親しんだ島の浦々が
ミニチュア模型のように見えます。
松山~東京間の飛行機に乗っておりますと、
日本の太平洋側の地形がリアルに把握できます。
離陸後
あっと言う間に今治
そして明石海峡
神戸の街並み
大阪湾
しばらくすると
あの独特な形で
名古屋上空にいることがわかります。
そして
雲が少ない日には
富士山が。
陸路では10時間以上かかる道のりも
空路ではアッと言う間。
今更ながら
すごい発明です、航空機。

東京からの帰りの飛行機
瀬戸内上空に来ますと
ホッとします。
もはや、僕の故郷はこの瀬戸内海であり、
「島人」にかなり近づいてきたかと思います。
瀬戸内の海に安心感と愛着を覚えながら
松山空港が近づいてくると
忽那諸島を食い入るように上空から見つめます。
僕が中島を確認できるのは
怒和島と中島の間にある
クダコ水道、クダコ島が見えた時でして
そのクダコのすぐ近くに
我が宇和間を見、
思わず、
家族を探してしまいます。(笑)
この瞬間ほど、
「帰ってきた」と喜びを感じる瞬間はありません。

倍率の高い双眼鏡があれば
上空から家族を発見できるだろうか。
そんなことをつい考えてしまうのです。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ものは言いよう・・・・ [島暮らし]

lmn (35).JPG


行楽地などの検索や、
また、
夏休みの遊びの計画を立てようと
ガイドブックなどを見ておりますと
「農業体験ができる!」
「田植えができる!」
「収穫ができる!」
といったコピーを見かけます。
現在、
愛媛で柑橘農家をやっておりますと、
休みの日に農作業なんて
とんでもない!
と思います(笑)。
ましてや、参加費を払ってなどということは
正気の沙汰とは思えず(笑)
それについての記事を読んだり、
番組を見るたびに
(・・・・・・・・・・・。)
お口あんぐりです。
お金を払って農作業をする。
専業農家の僕にとっては
そこに需要があるとは理解ができても
実行には移せません。
こういうことを企画実行に移す方は
つくづく
僕なんかよりもはるかに知能指数の高い人と感じます。
需要と供給の法則に完全に徹し
血も涙も無くそれを実行していく
そんなイメージでしょうか(笑)

農業体験
ものは言いようです(笑)。
体験とは言え、
作業はしてもらうわけなので
初心者でさほど戦力にならないとしても
「見習い」という形で
ギャランティは発生するというのが
従来の考え方だったと思います。
こういった考え方はもはや古いものになり、
前述した「需要と供給」の法則に適うなら
どのようなことも商売になる、
というのが
特に先進国の常識になっているのかも知れません。
このビジネス、
プチ富裕層とも言うべき
都会に暮らす、それなりに余裕ある暮らしを営み
そしてあえて言うなら「インテリ」な層
を対象にしているとつくづく感じます。
ターゲットを絞りに絞った。
そんな印象を受けるのです。
僕自身は
インテリでもなければ、富裕層でもありません。
故に
このビジネスに関しては
全く理解が出来ず、
企画しようと思えば実行できる環境で暮らしているのですが、
全く興味も湧きません。
これは僕たちの究極の夢ではありますが、
むしろ、
都会で職を失った人々へ
農家としてその受け皿になりたい、と思い
日々園地へ向かっています。
世には様々なビジネスがありますが、
やはり
自分の好きな「需要と供給」
のシステムで構築するべきだと思うのです。

書きながら
どこか僕の中に
このビジネスに対する
「反抗心」のようなものを感じました。
自分のやりたい事との
丁度、
「真逆」なことと感じたからかも知れません。
もちろん、
農業体験
「悪」ではありません。
ですが、
「一部の人だけ」
が楽しめるような、そんな特権階級的な享楽と
自分勝手に感じてしまうのです。
的外れな部分もあるのでしょうが、
実際に農家という立場に立ちながらの感受性なので
正しい部分もあるのではないでしょうか。
しかし、
また同時に
真の意味での自由市場、的なものも感じます。
マーケットを小さくし
的を絞っていくことは
これからの時代に必須だとも理解していますので
「敵視」しつつも
その部分に関しては尊敬と共感を感じます。
僕たちも、僕たちのやり方で
やっていこう!
と素直に感じたりもするのです。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

もうすぐ四年。 [島暮らし]

1.jpg


初めてこの島を訪れてから

もうすぐ

四年の月日が経とうとしています。

早いのか

遅いのか

無我夢中で過ごした日々なので

よく分からなくなりました。

初めて見た中島の海

姫が浜の海に

歓声をあげながら

子供達と飛び込みました。

そして

今もまだ、

歓声をあげながら

中島の海を満喫しています。

移住してからというもの、

まるでジェットコースターに乗っているかのごとく、

色々な出来事が起き、

今もそれは継続しています。

良い事ばかりではないけれど、

それでも、

それでも

道を拓いていく。

それが大事。

一見

悪い事と思えるような出来事も

長い目で見たなら

素晴らしい方向へ向かう

第一歩であることもあります。

意味付けするのは

後からで

今はガムシャラに

心のままに、

信じた道を進みます。

今までも、

これからも。





磨きます。 [島暮らし]

1.jpg

前回、スネアの改造について書きましたが、
その流れなのか、
最近、時間がありますと
ドラムのクリーニング、メンテナンスをします。
あまりマメな方ではないので、
意外にサビなどが出ており、
少しづつしか作業は進まず、
やっと一昨日、全てのセットのクリーニングを終えました。
全てのセット
叩きこんでおりますので
傷なども多数ありますが、
本人にしか解らないレベルで
僕なりにピカピカになったように感じ
セットの前に座ると気分も高まります。
お気に入りのモノの手入れって
気が休まりますね〜。
キレイでも汚くても音にはあまり影響無いようにも思いますが(笑)
メンテナンスの時間そのものが
リッチな時間の使い方をしているようで
僕なりの島暮らしなわけなのでございます。

ドラムのメンテナンスをするということは
当然、シンバルもたまにはキレイにします。
いつの間にやら、大小合わせて14枚!のシンバル。
こちらもヒマを見て少しづつやりました。
キレイにした後、
セッティングを変えてみたり、
セットに使うシンバルそのものをチェンジしてみたり
色々と配置転換しました。
この辺り、
お部屋の模様替えに近い感じかと(笑)
頑張った甲斐あって、
セットを見る度、
ニヤニヤ、ニヤニヤしてしまうようになりました。
やっぱ、カッコいいっすドラムセット!

イースタンブールというメーカーのシンバルを使っています。
磨きながら、
ひとつ、ひとつ
手作業でハンマリングされた
シンバル職人さんのハンマーの跡に
ロマンを感じてしまいました。
顔も知らぬ、
海の向こうの誰かが
ハンマーで成型したこのシンバルを
他ならぬ、僕が今
ここで叩いている。
これからもたぶん、
このシンバルを造った人には会えないだろうけど、
これも一つの
「縁」なのかなぁなどと思いました。


皆様も時には
部屋などの模様替え、如何でしょう?





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ビックスネア完成〜 [関係ない話]

先日、ヤフオクで競り落としました
パールの古いスネア。
フロアタムのようなルックス
間の抜けた音
ヤニのような汚れがついたシェルと
良いとこなし、の様相でしたが
当初の予定通り、レストアを決行!
最初はこんなんでしたが↓
1.jpg

まずはパーツを全て取り外し、
シェルのみにしてから
塗装します。
スプレーは丁度、
アクアくん(マイカー)の傷隠し用に購入していたものがあったので
そちらを流用。
アクアくんと全く同じ色のスネアになることに。
何度かに分けて塗装します。
そしてこんなに。↓

1.jpg

これを一週間ほど乾燥させてから
クリアを塗装し、研磨。
その後
ざっと磨いたパーツを組み立てて、
シェルにドリルで穴を開け、
ドラムショップで予め購入しておきました
フロアタム用のレッグを装着。
そして打面側のヘッドをエバンス、ハイドローリック(ブルー)に変更。
パールプレジデントのプレートは
かなりボロボロだったので、プレートをはがし
パール社の新しいバスドラム用のものを装着。
よっしゃ!サクッとレストア終了。

1.jpg

なかなかの出来栄え。
こんな感じでセッティングします。

1.jpg

音は土管を叩いているようなパワフルな音で、
音量もデカイためにバランスを取るのが難しく
今のセットではまだ活かし方を考案中ですが
中々に面白いルックス!
お気に入りでございます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

海当番 [島暮らし]

DSCN1963.JPG

夏休みが始まって早くも一週間~!!

島の小学校では住んでいる地域によって
大きく3つの支部に分かれているのですが、
夏休みの間それぞれの地域で海の監視当番を設けて、
子供たちが自由に泳げるようになっています。

今年は我が家、支部長!をやらせて頂いているのですが、
我が天谷支部の海水浴場は潮が引いていると泳げないため、
松山市の潮見表で満潮の時間を調べ、
(松山の満潮時間からは40分ほど遅れるそうです)
満潮時間に合わせて海水浴が可能な日程で、
午前10時から或いはか午後2時からの
2時間ずつで海水浴当番を決めました。

なんという島らしいPTA仕事!!!(笑)

3つある支部の中でも、天谷支部は世帯数が少なく、
今年は6世帯(児童8名)、
そのうち4世帯はPTA役員という濃ゆい地域です。
3人子供がいる我が家など、
一体何回役員をやることになるのやら(笑)
とはいえほとんどの世帯が2、3人兄弟だったりして。

夏休みの始めには毎年の恒例行事となっている
”サメネット張り”と慰労会を行いました。

海水浴場のすぐ傍に建っているのは、
十年程前閉校になった天谷小学校。
目の前がすぐ海!という最高のロケーション!!

支部の保護者の方にもこの天谷小学校の卒業生が多く、
当時を懐かしむ話など聞いていると、
天谷小学校の閉校は、ちょっと(いや、かなり・・・)残念です。
せめて小学校の校舎だけでも何かのカタチで復活してくれたらと思うのですが、
耐震性の問題などで色々難しいようです。
本当に、いい小学校なので勿体ないな~。

大人たちの会話が弾む中、
子供たちは、手作りの竿で魚釣りをしたり、
服のまま先生と海に飛び込んだり
島っこらしく過ごしておりました(笑)

今年は世帯数減少により、
海当番の日程も9日と少なくなりましたが、
3日連続当番で、我が家の海当番早くも終了~!!

連日の海で、まだ7月だというのに、
早くも黒黒としてきた我が家メンバー(笑)

天谷小学校では夏休み明けに”くろんぼ大会”なる、
日焼けコンテストがあったそうですが、
(色んな意味で時代を感じます(笑))
長女あたり大賞狙えそう~。

まだまだ夏休みも始まったばかり!
今年は帰省や遠出の予定はないのですが、
島の夏、楽しみますよ♪