So-net無料ブログ作成
子ども達 ブログトップ
前の10件 | -

「シュウジ」とふしぎなまほうつかいの子「マホト」その① [子ども達]


次女先生の新シリーズです~。
あれ!?先生、ウェロくんのつづきは・・・??

************

ぼく、シュウジ。あだ名は「シュウ」
そうそう苗字はね、「村島」だよ。
さあ、じこしょうかいもおわったところで
ぼくの日記の中へいってこのごろあった出きごとを見に行こう。

いくよ。それっ

ピカッ

ミーンミーンジジジジジジー

「やったあ、今日から夏休みだー。
かえってアイスたべてカブトつかまえにいくぞ~。
イエーイ。」

ぼくは、せみの大がっしょうにまけないくらい
どでかい声で言った。

だがしかし・・・

トテッ

「いったあ!!」

ぼくはまたさっきの声にまけないくらい
大きなこえでさけんだ。
どうやら2Mほどのあなにおちたようだ。

「あーあ、これじゃはいあがれないや。」
ぼくは土にもたれかかった。
すると「ガクッ」
音がなりエレベータのようなじめんがおちてった。

「ひええ~。こんどはなんだ。」
ぼくはどんどんおちていった。

ゆっくりおちていたのだが10分おきすこしずつはやくなっていった。
どんどんおちるにつれてあつくなりはじめた。
くるしくなったくうきがのこりすくない。

水筒の水も、もうない。
学校でのみほしたのだから。

どんどん気がとおくなってきた。

ぼんやりと前を見た。
だがすぐ目をつぶった。
ねたのだった。

ぼくは、十分おきにはやくなる
くうきの のこりすくない土のエレベータの中で、
いしきをうしなった。

ふかいふかいねむりについた。

ぼくは、だれかの声を聞いておきた。

「やっとおきたか。
人間ていうのは、テレパシーもできないんだな。
おこすのに2時間5分33,5秒もかかったぞ。」

ぼくは、むっとしていいかえしてやった。

「なんだとお前だって人間じゃないか。
だいたいまほうつかいや ま女や うちゅうじんじゃないんだから
テレパシーなんてつかえるわけないだろ。」

ぼくは言った。

「だってぼく ま女とまほうつかいの子だから。」

ぼくはいっしゅん耳をうたがった。
ほんとにまほうつかいとま女の子なのか・・・

~つづく~
**********

次女先生の新作も、面白くなりそうです^^
忙しくなると子供に頼るのがバレバレですが(笑)

長女の小説もUPしたかったのですが、
あまりの大長編のため断念しました。
本当に長い!
おじいちゃんおばあちゃんに送る用の
コピーを取るのも一苦労~。

長女と次女、仲良しで永遠のライバルな姉妹二人、
絵も、物語も、全く違う世界観なのが本当に面白いです。


nice!(0)  コメント(0) 

ク~リスマスが今年もやってくる~♪ [子ども達]

長女が、今学校で歌っている
「今月の歌」を口ずさんでいました。

”ク~リスマスが今年もやってくる~♪”

母「あれ?なんだっけ、その歌!
なんだろう、シチューのCMソングだっけ??」

長女「ちがうよ。あのね、なんだっけなぁ。
みんなが言ってたんだけど・・・
そうそう、ヒゲおじさんのチキンランド?」

ヒゲおじさんのチキンランド!

わかりました。ケンタッキーのことですね(笑)
そうだ。クリスマスが近づくと流れてたケンタッキーのCMソングだー。
あー、久しぶりにクリスマスバーレル食べたーーい!!

TVも見ずファストフードやコンビニもない島暮らしのため、
うちの子供たち、本当に知らないことが多いのです(笑)

この間は街で
「あ、パニーズ!」というので何かと思ったら、
どうもジャニーズと言いたかったらしいのですが(笑)
指さしたのが確かお笑いグループか何かで色々残念でした(笑)

きっと、島を離れてから、
「え?◎◎ちゃん!?何言ってるの!?!?」と、
驚かれることがいっぱいあるんだろうな~と思うと、
思わずふふっとしてしまいます(笑)
むしろ大いにネタにしてほしいものですが。

そんな長女、週末は蜜柑収穫を手伝ってくれました。
普段は、うるさい小さな人たちがいるので、
そういえば長女とゆっくり話すのも久しぶり。
とてもいい時間となりました^^

4年生ぐらいになったら、
まあ生意気でかわいくなってくるんだろうなぁ・・・と
ずっと予想して怯えていたのですが(笑)

予想に反して、まぁぁぁぁかわいい!どこまでもかわいい!
きっと一生可愛いにちがいないのです。


nice!(2)  コメント(0) 

島っ子マラソン大会 [子ども達]

昨日は、中島小学校と、怒和島小学校の合同で、
島っ子マラソン大会が開かれましたー!
朝から寒かったのですが、
風もなく穏やかな天気の下での開催となりました。

1,2年生は1キロ
3,4年生は1.5キロ
5,6年生は2キロ
校庭と学校の周りを走りました。

お隣の怒和島小学校は全校生徒5名という小さな小学校ですが、
とても素敵な学校で、
皆めちゃめちゃ身体能力も高いんですー!!!
今回も5人全員が表彰(男子、女子それぞれ2位まで)されていました!

怒和小のライバル同級生・Hちゃんに負けたくないなーと
言っていた次女は、残念ながら序盤から引き離されてしまい、
結果は中学年女子の部2位でした!
2位というとものすごい感じがしますが、人数が少ないので(笑)
でも、自己新記録達成でよくがんばりました◎

長女もマイペースに走りきり、自己新記録達成。
うんうん、よく頑張ったねー◎

最近では、マラソン大会に向けて
朝起きてから家の周りを走っていた長女と次女。
マラソン大会に向けてというには
ちょっと距離が短くあっという間に帰宅していたので(笑)
残念ながら大会の結果にはあまり反映されなかったかもしれませんが、

寒い日にも「次女ちゃーん、行くよー!」と元気に声をかけて、
時には一人で走りに行くこともあった長女と、
長女の元気に引っ張られて、
「いやだぁーさむいぃーねむいぃー」と、いいながらも、
楽しそうに一緒に走っていた、朝が弱かったはずの次女。

なにより、朝走るようになってから、
”走るのがちょっと楽しくなった”そうで、
それがなにより、素晴らしいです。


今回、面白いなーと思ったのが、
学級通信に掲載されていた、
中学年の生徒たちのマラソン大会に向けての意気込み。

ほとんどの子供たちが、
2位、7位、8位、10位、などという、
妙に具体的な目標を上げていたのです(笑)
大きな学校でも、
自分は大体この辺・・という位置づけはあると思いますが、
1学年が8人程度の小さな学校のため、
各分野での自分の定位置というのが、
かなり明確に出来てしまっているよう。

それはちょっとつまらないなーとは思うのですが、
その代わり、自分の得意分野が見えやすかったり、
一人一人の動きが全体に大きく反映されやすいという
面白さもあるのかもしれません。

改めて、
本人をはじめ、皆を”え!?”と驚かせた、
今年の遠泳大会での長女の快挙は、
きっと皆にとってもいい刺激になったんじゃないかなと思うし、
長女と次女の得意とされている分野でも、
これからどんどん悔しい思いをしてもらいたいです。

マラソン大会が終わった今日も、
二人は元気に走りに行きました。すごいわー。
来年に向けて、がんばれ!

長女、次女、お疲れ様でしたー♪


nice!(3)  コメント(0) 

やこうれっしゃ [子ども達]

松山へ行った帰り、フェリーの時間まで少し間があったので、
お姉ちゃんたちが好きな、絵本、児童書の専門店コッコ・サンへ。

後から入店してきた女子中・高生3人組の1人が、
スーホの白い馬を見つけて、
「私この本めっちゃ感動したんだけど!」と、
友達にストーリーを熱く語り出したのを見て、
ああ、日本もまだ捨てたものじゃないな、と思いました(笑)

子供たちが本を見ている間、
あ、そういえば・・・と、
店員さんに探してもらい、母が購入したのが、コチラ。

DSCN2316.JPG

西村繁男さんの絵本
「やこうれっしゃ(こどものとも傑作集)」

東京に住んでいた頃、足繁く通っていた図書館で何度か借りたことのある
思い出深い絵本なのです。

懐かしい昭和の夜行列車。
上野から金沢に向かう列車で一夜過ごす乗客たちを描いた、
文字のない絵本。

DSCN2317.JPG

西村繁男さんのあたたかな絵が大好きなのですが、
特に、文字のない絵本のシリーズ?の、
細かく描かれた絵の中に物語を見つけるのが楽しくて、
こどもたちとよく読んでいました。

その中でもこの絵本が特に思い出深いのは、
この本を一人で見ていた当時2才の次女が
ある登場人物の一人を指差して、

「Nちゃん、このひとがすきなの」と、言ったことがあるから。

やさしそうなおじいさんを見て、
次女の頭の中にはどんなストーリーが動き出したのでしょう。

このひとすき。

そう思った次女が、あまりに愛おしくて、愛おしくて、
時々思い出しては、いつか購入したいと思っていた絵本。

本屋さんではページをめくらずに大事に持って帰りました。
残念ながら、次女はもう覚えていなかったけれど、
母は、はっきりと覚えていましたよ。

DSCN2318.JPG

当時は気づかずにいたけれど、
結婚式の帰りだったんだなぁ。

今では夜行列車といえば豪華寝台列車ばかりになってしまいましたが、
私もこんな旅、してみたかった。
子供の頃夜行列車でおじいちゃん家に遊びに行っていたというパパの姿を、
思わず絵本の中に探してしまいそうになるような、そんな絵本です。


こどものとも60
西村繁男さんと『やこうれっしゃ』
http://kodomonotomo60.com/hahatomo/649/

絵本作家インタビュー西村繁男さん
http://mi-te.kumon.ne.jp/contents/article/12-187/

nice!(2)  コメント(0) 

今日は何の日? [子ども達]

IMG_0673.JPG

今日は、11月26日、

いい二郎の日!
いい風呂の日!

そして、私達の11回目の結婚記念日でありますっ♪

11年、ざっと4000日余り!!!
他の夫婦に比べても・・
一緒にいる時間がやたらと長い気がする私達(笑)
時折(激しい)喧嘩などしながらも、なんだかんだ
ここまで仲良く歩んでこれたというのは、本当に奇跡のよう。
激しい喧嘩の後、仲むつまじくペアルックなど着て歩く姿が、
島の方の目にどう映っているかなどもはやどうでもいいのです(笑)

11年前の私達には全く想像もつかなかった未来に、今います。
この先にきっと、今の私達は想像もつかないような未来が
待ち受けているのかと思うと、わくわくします~。

4年前の今日は、奇しくも東京の羽村のマンションで過ごす最後の日で、
中島に向かう山積みの段ボールの中で、
家族でささやかにお祝いをしたのでした。

今年は記念日がちょうど週末だったので、
松山でも・・・と思ったのですが、
何故か今週はホテルの空きも少なく、値段も高い!
何かイベント?でもあるのかしら??

まあいいや。ちょうど雨も降ってきたことだし、
家でのんびり過ごしましょう。

昼食はパパリクエストのカルボナーラを作ろうと買い物に行ったのに、
肝心のパスタを忘れ、島を二周するはめになるという、
相変わらずのサザエさんぶりですが(笑)

今年も1年二人で仲良く過ごしたいと思います^^

結婚して11年、どんどん自由になっていくぜ~!

nice!(2)  コメント(2) 

次女ちゃんの「あしたのために!」 [子ども達]

次女の勉強机に貼ってあった、

次女ちゃんの

「あしたのために!」

DSCN2284.JPG

************

1,6時にきちんと起きる
2,毎日なわとびをする(十分)
3,あさごはんをたべる
4,あいさつをきちんとする
5,しせいをただしくする

~200さいまで生きるために~

***********

200才まで、生きるために!

いいね!

みんなで、生きよう。

いつか次女が大きくなって、
先のことことなど見えなくなる日が、
もしもくることがあったなら、
その時には、この紙を送りつけてやろう。

あしたのために。


nice!(2)  コメント(0) 

えひめこども美術展、W特選入賞~!! [子ども達]

DSCN2278.JPG

「特選したー!!すごいんでー!
学校で二人しかいないのに、Sちゃん(長女)も特選なんでー!」と

学校から帰宅するなり嬉しそうに報告してくれた次女ちゃん。

毎年、愛媛県で開催されている
「えひめこども美術展」で、
長女、次女の二人が特選入賞したようです♪

えひめこども美術展とは、県内の幼稚園、認定こども園、保育所、
小学校、中学校、中等教育学校及び特別支援学校の子どもたちの、
美術作品と書写作品から選ばれた作品を展示する、
愛媛県最大の子どもの総合的な美術展。

島の小学校の”造形大会”で各学年から選出された作品から、
地区(松山市)審査を経て、
愛媛県のこども美術展中央審査で特選に選ばれたようです。

二人とも、いつも学年代表には選ばれていたのですが、
地区審査止まりだったので、
今年は長女、次女揃っての特選入賞を果たすことが出来て、
とっても嬉しそうです!!!

二人とも結果を楽しみにしていて、
特に次女などは、中央審査に進んだことが分かってから、
毎日先生に結果を聞いていたようなので(笑)
うまいこと?揃って受賞してくれて親としてもちょっとホッとしました(笑)

12月には新聞にも名前が掲載され、
年明けには県民ホールで受賞式にも出席します。
受賞者1名につき保護者が1名、未就学児が1名までしか入場出来ないため、
二人揃っての受賞じゃなかったら家族で入場出来なかったようです。
いやぁ、いい記念になりますね。嬉しいです!

授賞式当日には、
愛媛県美術館で特選作品の展示もされてたり、
特選作品集も販売されるようで、
こちらもとーっても楽しみです♪

二人共、おめでとう~!!!

長女の作品はまだ見ていないのですが、
写真は、先日もUPした入賞した次女の作品です。
私もこどもたちも、見ての第一声が
「あれ?恐竜じゃないじゃん!」だったのですが(笑)
今回は虫がテーマのようです。

去年の作品は特選は逃したものの、揃ってとっても素敵だったんですよー!
長女と次女、二人とも全然違った個性なのがまたいいのです。
二人の描く絵が大好き!長女画伯と次女画伯の、一番のファンです♪

【※その後・・
学校からの配布物を整理していて気づいたのですが、
下の二作品は「松山市読書感想画コンクール」で
二人仲良く優秀賞を受賞した時のものでした!
しかも、昨年のこども美術展も二人で入賞してました(汗)】


長女作(小3) 「木の下のお誕生日パーティー」

IMG_0206.JPG


次女作(小1) 「大空を高く舞い上がるクジャク」

IMG_0204.JPG


nice!(2)  コメント(2) 

就学時検診でした。 [子ども達]

先日、来年度就学する年長児さんたちの
就学時検診が小学校で行われました。

長女は、移住前に住んでいた羽村市で受診して、
ちょっとした知能検査のようなこともあったのですが、
島の小学校では健康診断のみ。

皆同じこども園からの入学の上、
来年度入学の家庭は、ほとんどが二人目、三人目なので、
子供もお母さん達もその辺は気楽なものです~。

我が家は、来年から二年間、
三人一緒に小学校に通うことになります。
島では、三人兄弟の家庭がとっても多く、
3人兄弟自体はちっとも珍しくないのですが、
小学校に3人一緒に通うのはなかなか珍しいようです。

授業参観や運動会など大忙しになりそうですが(笑)
2年間楽しくなりそうです。

保育園でも小さな子がかわいいらしく、
弟がほしい様子の長男くん、
今朝は、
もし赤ちゃんが生まれたら、もう寝る場所考えたんだよね。
ママと、とんとんの間に、小さい枕おいてみたらちょうどよかったよ。
できれば男の子がいいんだけどなぁ・・・。
などと話してくれました(笑)

ママの隣じゃなきゃ寝ないとんとんが、
弟のためにママの隣を!
そして、次女姉ちゃんに作ってもらった宝物の小さい枕まで!

勝手に兄ちゃんになる気まんまんの長男くんに、
ちょっとぐっときました(笑)

弟が生まれるかどうかはわかりませんが(笑)
小学生になった長男くんの成長がまた楽しみです~。

nice!(2)  コメント(0) 

かわいい相棒 [子ども達]


9 (9).JPG

来年、新1年生になる長男の年長クラスは、
現在11名。
うち1名は松山へ、
そしてもう1名は離島の小学校へ通うことになるので、
同級生になるのは9名です。
男の子が6名、女の子が3名という、
普通の小学校からすると驚きの少人数なのですが、
本当に幸運だったことには、
我が家のすぐ近くに、長男と同じ年の男の子がいて、
有り難いことにいつもとっても仲良くさせてもらっています。

ちょっと前までは、
”ママも一緒に~”なんて言うことも多かったのに、
最近は”大人はいないほうがいい!”なんて言って、
子供たちだけでわいわいと楽しそう。

いっちょまえに”俺の相棒!”なんて言ってるのを聞くと、
思わずぷっと笑ってしまうのですが、
これから子供たちが共に成長していく姿を想像すると、
とても、とても、楽しみです。

まあ、つるんで沢山悪さもしそうですが・・・。

ドッキドキの入学式も、
上の兄弟がいる子も多い島の子供たちは、
赤ちゃんの頃から出入りしている校舎、
そして上級生たちもほとんど知った顔だったりするので、
そういう意味では緊張もかなり少ないと思いますが、

長女は、その中にたった一人、
ほとんど誰も知らず、自主保育育ちで親から離れての
集団生活も経験せずのところからの、
新一年生スタートだったんだなぁ。。

移住してもうすぐ4年。
子供たちもそれぞれに大きく成長したけれど、
やっぱり長女の成長ぶりの凄まじさというのは、
その辺にあるのかなと思います。

がんばったねぇ。

とはいいつつ、
次女や長男、そして、
自分たちで言うのもなんですが(笑)
私達親もけっこう成長したような気がしてますよ~。
まだまだ、子供たちには負けてられないぜ!

そしてこの一年は、特に、
家族皆にとって成長の一年でした。
一年の締めくくりにはまだちょっと早いけれど。
島に移住した季節がこの季節のせいか、
もうすぐ柑橘シーズン開幕だからなのか、
なんとなくしみじみと。

いやぁ、
今年はまた何時にもまして濃ゆく(笑)
そして、素晴らしい、一年なのであります!















nice!(2)  コメント(0) 

親の心、子‥‥‥。 [子ども達]

IMG_0667.JPG



↑長男くん、ウィッグでコスプレ中。
ルックスだけは一丁前のバンドマン!


我が家にはドラムセットが3台
常時セッティングしてあり、
チューニングも完璧!な状態です。
今や僕にとって、
ドラムを叩くということは
眠る
食べる
という行為とほぼ同格でして
叩かない日というのは
ほぼありません。


子供たちは
そんな日常の中
家の中に
ドラムという
爆音楽器が鳴り響く中
平気で
本を読んだり
宿題をしたり
おやつを食べたり
昼寝をしたりしています。
子供たちにとっては
家の中で毎日ドラムの音がする、
ということは
「常識」なわけです。
(もちろん違いますが‥‥)

当たり前の事というのは
それが客観的に見て、
ちょっと面白い事だとしても
渦中にいる場合
それはやはり
当たり前の事。
珍しくも何とも無いわけです。
気が向いた時など
「ドラム叩いてみる?」
などと子供たちに話しかけ
プチドラムレッスンなどを
する事もありますが
3人とも
のめり込む事もなく、
楽器と言えば
学校で習う、
ピアニカやリコーダーばかり練習しています。

子供は自由に。
その成長をそっと見守っていたい僕ではありますが
本音はやはり
ドラムに興味を持ってくれないかなぁ

時折思ってしまうのです。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 子ども達 ブログトップ