So-net無料ブログ作成
検索選択
島暮らし ブログトップ
前の10件 | -

朝日 [島暮らし]

IMG_0455.JPG

ここ数か月
習慣を変え
毎日起きると、
パンツ一丁になり
庭に出、
全身を乾布摩擦
スリスリします。
そして、
シャワーを浴びるように
太陽の光を浴びます。
朝が来た!
夜が明けた!
新しい一日が始まる!
身体の隅々の細胞が目覚め
太陽の光が
僕の身体の中に浸み込んでくるようで
心地よいのです。
そして顔を洗い、
鏡の中の自分を見て
「ニッコリ」します。
あらあら
不思議。
それだけで
元気が出て、
おまけに
食欲も出てきます(笑)
そして、
間一髪入れずに
そのままシャワーを浴びます。
ただし!
お湯ではありません。
冷水です!
我が家の水は井戸水。
冬はぬるく、夏は冷たい~のです。
これが
心身共に「シャキッと」します。
最初は中々に勇気がいりましたが
慣れてきますと
コレなしでは一日が始まりません。

知識としては知っていることでも
実際試みて、継続してみますと
その効果は驚くばかりでして
今更ながら
心と身体は一つであり
心は身体を変え
また
身体は心を変える
ということを
理屈で無く体感できるのであります。
どちらかというと
三日坊主な少年時代を過ごした僕としましては
大人になってからの
物事に対する継続力や持続力は
他人ごとのように感じ
何やら不思議な気分。
自分ではないような気になるときもあります。

毎日
夜を蹴散らして
世界に光をもたらしてくれる太陽。
当たり前のことなのかもしれませんが
日が昇らなきゃ、
何も始まらないわけでして
これからもずっと
まずは朝日を浴びることを習慣にしていこう!
と思うのです。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

宇和間 [島暮らし]

島を初めて訪れたとき、
移住地を求めて
色々な土地を訪問していた僕は
「ここは無いな。」
と思ったことを思い出します。
当時の僕は
一刻も早く、定職を得ることに
全神経を奪われており、(当時僕は無職でした)
知らぬ間に、どの候補地を訪れても
そのことばかりを中心に考え、
移住本来の目的である、
「ライフスタイルの革命的チェンジ」
の事を忘れていたと思います。
紆余曲折を経て
ここ中島に移住を決定したときも
島の中心的な役割として機能している
島の東側の地区に住みたいと思っていました。
それくらい、
我が宇和間地区があります島の西側は
交通、教育、買い物等
あらゆる面で東側と比較して不便さは否めず
最初にここ宇和間の家に着いた時は
こらからの前途を思う時
呆然とした(笑)ことを覚えています。
今。
この宇和間の地区を
心から愛しています。
住めば都
などと言う言葉では表現できない
熱いものが僕の中に存在しています。
それはまるで、
その昔
アメリカ大陸の西部地区を開拓した
フロンティアスピリッツとも言うべき心構えで
この数年を過ごしてきたかも知れません。

豊かさとは
幸せとは
優しさとは
そして
愛とは何か。
この宇和間の地で過ごした
これまでの約三年半の時間は
僕に強烈な何かを
提示し続けてくれています。
思えば
導かれるように
この地にやってきました
僕ら家族5人。
移住前、
恩師とも言える
かつて幼少時代に通った日曜学校の先生より
「全ては備わっていると信じて、まっすぐに道を進んでください」
という言葉を贈られ
見えない明日を進むために必要な
「勇気」を頂いた事を思い出します。

この宇和間の地に住まわせてもらえることに
家族5人が穏やかに暮らせることに
心震えるほど
感謝を覚えています。

感謝を感じてしまった以上
いつか、
その時が来たら
この宇和間の地に
恩返しがしたい。
僕たちにしかできない、
何かユニークな
オリジナルな表現で。
熱く、熱く
この胸に秘めています。


IMG_2630.JPG









nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

苗木の幹 [島暮らし]

みずたま農園では
今年も頑張って苗木を植えました。
発注したことも
忘れた頃に大量にやってくる苗木たち(笑)
あー
こんなに頼んだっけ・・・・。
毎年途方に暮れる瞬間です(笑)
でも、
これで良いのです。
神が僕たちに命じた仕事なのであります。
なので、
誠心誠意
心を込めて
苗木を植えるのです。

一年生の苗木を植える時に
その
あまりに細い幹の細さに
このか細い枝のような苗木が
素手で引っこ抜くなど
到底不可能な成木になるなど、
想像すらできません。
一本、一本は
比較的簡単に植えることができますので
当然、抜くことも簡単。
片手で可能です。
そんなチビッ子たちが
少しづつ
少しづつ。
一見、静止しているかのようなスピードで
でも、
確実に大きくなっていくという事実。
その成長を感じる時、
それはまるで
三人の我が子の成長を見守っているようで
農業を営む上で
最大の喜びを感じる時かもしれません。

樹の力を感じる時。
僕の場合、
それは株元の太さを確認した時です
大地にしっかりと根を張っている
その力強さ。
以前読んだ本の中で
「樹は水源を、誰に問うことなく独力で探し出し、根を張っていく」
という言葉を思い出します。
生い茂る葉の方にどうしても目が行きがちですが、
やはり何事も
「根」が肝心です。
目に見えない地中の部分。
その充実ぶりを現してくれるのが
株元の太さです。
頼りなく
細々としていた苗木の幹が
ハッとするほど
がっしりとしていることを確認した時、
僕の心も樹と共に成長しているかのように感じ、
感動します。

まだまだ、これから。
雨にも風にも、夏の暑さにもマケズ
成長は続くのです。

IMG_2925.JPG



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

好きな場所 [島暮らし]

先日、パパに
「図書館に行こうー」と言われ
「わー!やったー!
私、図書館と磯なら一日でもいられるー!!」と大喜びの長女を見ていたら、
なんだかもう本当にかわいくてかわいくて(笑)
そして、いい場所で子育てが出来ていることを改めて幸せに思いました。

ていうか、母も図書館と磯なら一日いれる!!!

なんだ、もうずっと島でいいではないかという(笑)

子供達がもっと小さい頃、
子供が喜ぶだろうと遠くの遊び場に連れて行っても、
結局、マンションの駐車場で石ころや砂で遊んでいるのが
一番楽しそうだったりしてたのを思い出しました(笑)

たまにみんなで遠くに行くのも楽しいけど、
やっぱりいつもの場所が楽しめるって、
本当になにより幸せなことだと思います。

先日、ゆうきの里主催の”磯の生き物調査”というイベントに参加したら
見たこともない生き物たちが沢山発見出来て、
とーーっても楽しかったので、また家族で磯や島探検もしたいです^^


お盆休み、いつもは静かな集落が、
帰省した小さな子供達の声でとっても賑やかです。

島キャンプをしようとBBQ用のお肉など買い込んでみたものの、
ちょっと天気が崩れそう。
少し延期になりそうで残念ですが、苗木たちには恵みの雨だーー!

気づけば夏休みも半分終わってしまいましたが、
まだまだ、島の夏休み、みんなで楽しみたいと思います♪


nice!(3)  コメント(0) 

キャンピングカーで四国カルスト!!⑦ [島暮らし]


IMG_2874.JPG

さきほどの気持ちいい天気から一転!
大粒の雨の中を天狗岳へ。

天狗岳にはキャンプ場やバンガローも併設している
”天狗荘”という宿泊施設があるので、
こちらのレストランで昼食がてら
雨が上がるのを待つことにしました。

天狗荘からの景色も楽しみにしていたのですが、
カルスト到着時も、この時も、
真っ白な霧に包まれていて全く景色が見えず!

そしてレストランで早めの昼食を。
5歳、8歳、10歳の子供たちが、
よくもまあ食べること食べること!
ペロッと大人一人分平らげるのを見ていると、
先行きが不安になります・・・(笑)

Iターンされたという気さくな店員さんにお聞きしたところ、
この辺りも移住者がとても多い地域なんだそうです。
うん、このロケーションに落ちる若者は多いだろうなー!!
(そのうち残るのは1割程度らしいですが・・)
島に暮らして、ちょっとやそっとの景色では
まあ、中島の方が綺麗だけど・・・と思うようになってしまった私達でも(笑)
四国カルストの景色には心底圧倒されました。

私達も色々な移住地を検討したので、
旅先などではいつも、
ああ、ここに住んでいたらどんな暮らしが待っていたのだろうかと
思わず想像してしまいます。
ラピュタ人もいいなぁ(笑)
でも、やっぱり・・中島が好きですが♪

昼食の後、まだ少し雨が降っていたので、
アイスを買って休憩所でのんびり~。
お土産屋さんにも、若者が頑張っているのが伝わってくる、
かわいいパッケージのお茶やお土産がちらほら。

”高知県民のソウルフード”と言われているとかいないとか!?の
まじめなおかし・ミレービスケットのアイスを食べたのですが、
これが!これが!!めちゃめちゃ美味しかったーーー><
ミレービスケットって島に来て初めて見かけるようになったので、
おそらく関東にはほとんど売っていないのではと思うのですが、
塩気の効いたビスケットとクラッカーの中間のようなお菓子です。

素朴な味わいでもともと好みだったのですが、
そのビスケットが丸々2枚(個人的にはもうちょっとゴロゴロ入っててほしかった!)と、
砕いたビスケットがバニラアイスに混ざっていて、
本気で美味しいです!!!!大好き!!!
マツコ・デラックスも大絶賛というこちらのアイス、
どこかで見かけたら是非お試しを~。

因みにこちらの天狗荘、
昼食は立ち寄りでレストランが利用できますが、
夕食は宿泊者のみの利用です(事前に予約しておけば大丈夫?)
また、お風呂も立ち寄りでは利用できません。

姫鶴平では入浴が出来ないため、
キャンプ場の利用でも入浴は可能ということでちょっと迷いましたが、
こちらのキャンプサイトには車の乗り入れが出来ないのと、
ロケーション的にはやはり姫鶴平!なので、
今回は2泊目も下山して入浴し、姫鶴平でキャンプすることに。
でも、今度は天狗荘にも宿泊してみたいです!

しばらくすると雨も上がってきたので、
キャンプ場の傍にある、
天空の爽回廊・セラピーロードを散策することに。

つづく
nice!(2)  コメント(0) 

キャンピングカーで四国カルスト!!⑥ [島暮らし]


IMG_2838.JPG

しばらく姫鶴平でのんびり過ごした後は、
四国カルスト内をドライブしてみよう~!と、
まずは、看板の出ていた『猪伏大トチ遊歩道』へ。

森の中の遊歩道を2キロほど歩いた先に、
巨木がそびえ立っているらしいのですが、
とりあえず今回はその中程にある、
湧き水地点まで行ってみることにしました。

この遊歩道がまたとーっても気持ちのよい道で、
探検だー!と、ヒンヤリと人気のない森の中を、
子どもたちが飛ぶように先へ進んで行きます。

ちょっと前までは、長男がすぐに甘えて、
抱っこ抱っこ!と大変だったのに・・
小さくもたくましくなった背を追いかけます。

IMG_2848.JPG

途中、ヘビ?かと間違えるような巨大ナメクジ(!)や、
ブクブクと泡を立てる小さな湧き水を見つけたり、
本当に小さな探検隊のようです。


IMG_2872.JPG

そして、800メートル地点にある、
湧き水スポットに到着~!

IMG_2852.JPG
早速手を水に浸して、
「こんなに冷たい水、はじめて触ったー!!!」と
歓喜の声を上げた子供たちは、
顔を洗ったり裸足になって水の中に入ったり、
しばらく水浴びタイムです。

IMG_2854.JPG

余りに楽しそうなちびっこ探検隊の姿に、
先の巨木まで足を伸ばしてみようかと迷ったのですが、
今回はここで引き返すことにしました。

帰りも元気に駆け抜けて、
行きよりもあっという間に森の入り口に到着!

そしてキャンピングカーに乗り込むと、
すぐに大粒の雨が降り始めました・・

さっきまであんなに晴れてたのに!!

途中で引き返してこなかったら大変なことになっていましたが、
本当にギリギリのタイミングで濡れずにすみました♪
あまりの強い雨に、
天狗岳で昼食がてらに休憩することに。

真っ白い霧の中、天狗岳へと向かいます~

つづく


nice!(2)  コメント(0) 

キャンピングカーで四国カルスト!!⑤ [島暮らし]

IMG_2811.JPG

そして翌日!
晴れていれば、明け方の雲海や朝焼けが素晴らしいのですが、
ぐっすり・・眠ってしまいって外はすっかり明るくなっています。

勢いよく車から跳び出した子供たちの、
「わー!きれいー!!」の声に、
まだ眠い目をこすりながらベットを抜け出し外に出ると・・・

まるでラピュタのような絶景が!!!


IMG_2805.JPG

昨日の霧に包まれた風景も幻想的でよかったのですが、
そこからの!晴れ!!という流れが本当に素晴らしく、
・・実際空気が澄んでいたらもっと遠くまで見渡せるのでしょうが、
今回はこの景色が見られただけで充分です(涙)

この時には牛たちの姿が見られなかったのですが、
時間が経つにつれて、どこからか牛たちが戻ってきて、
悠々と歩く姿が見られました。


IMG_2780.JPG

IMG_2777.JPG

↓昨日、カルスト入りしてすぐの天狗岳で、
霧の中に群生していたのは、この黄色い花。
写真撮るのも忘れるほどに恐ろしいほどの魅惑的な光景で、
本当に異次元の扉が開いてしまったのではないかと思いました・・・。

IMG_2800.JPG

↓この写真の手前に写っているのが、我が家が宿泊したキャンピングカーです!
朝起きて改めて、ロケーションのすごさに驚きました・・・。
こんなロケーションの素晴らしいキャンプ場、日本中探してもなかなかないのでは・・。

IMG_2809.JPG

朝食を食べた後は、フリスビーをしたり、
牛を見に行ったり、トンボと遊んだり、
散歩をしたり、気持ちの良い朝を過ごしました。

IMG_2782.JPG

IMG_2808.JPG

つづく
nice!(3)  コメント(0) 

キャンピングカーで四国カルスト!!④ [島暮らし]


IMG_2759.JPG

そして、今回の宿泊地、
姫鶴平に到着~!
パパ、運転お疲れ様でした><

相変わらず霧は濃いですが、
逆にそれが天空のよう~。

こちらの管理は、姫鶴平荘がされているので、
売店にキャンプ代金を支払いに行きます。
オートキャンプなど、けっこうなお値段するところも多いですが、
こちらのキャンプ代が、なんと、、、

100円!

それも、1組一回のキャンプにつきの価格なので、
何泊しても100円のようです。
しかもシーズンオフには無料になるのだとか。
(その代わり、設備の整ったキャンプ施設ではありません。)

こんな絶景のロケーションで!!!!

今流行りのオシャレキャンプ場でも作って一儲け!という
発想にならないところが、本当に好きです。

良さそうなところに適当に停めて下さい。ということだったので、
見晴らしの良さそうな広い草原のグラウンドに停めることにしました。

IMG_2767.JPG

柵のすぐ向こうには、牛たちの姿も!
時々脱走するようです(笑)

子供たちが大はしゃぎで牛を見に行っている隙に、
早速夕飯の準備!

そして、また肉まつり開催です(笑)

今回は、
先程、お肉屋さんであまりに美味しそうでついつい買い足してしまった、
黒毛和牛メインーーーー♪

ていうか、もう何食べても美味しいー!!!!
この最高のロケーション!そして家族がいたら、
何食べたって美味しいに決まってます!!!

でも、黒毛和牛はやはり格別でした(涙)

ちょうど食べ終わって後片付けを終えた頃、
外も暗くなりました。

有難いことに大人のキャンパーが多かったのでしょうか、
数組、テントを張っていたグループがいたのですが、
とても静かな夜です。

IMG_2776.JPG

そしてみんなで映画など見て、キャンピングカー内でくつろぎます。
2段ベットはかなり幅が広く、家族5人でもなんとか寝られます。

標高が高く、さえぎるものが何もないため、
風がかなり強という事前情報だったのですが、この日は風もほとんどありません。
冷え込みすぎもせず、ひんやりとした空気が天然のクーラーのよう♪

満天の星空は見えず残念でしたが、
明日は一瞬でも晴れてくれることを期待しつつ・・・

初めてのキャンピングカーで、家族みんなで就寝です~。。。


nice!(2)  コメント(0) 

砂浴 [島暮らし]

IMG_0483.JPG

僕たちの島

瀬戸内海に浮かぶ島

中島!

本屋もねぇ!

コンビニにねぇ!

もちろん

電車も走ってねぇ!

(笑)

無い無いづくしのようで

海が

山が

そう

大自然があるのです!


最近、健康に気をつけています。
特に食べるものを気をつけています。
僕も年を取って来ていますので
これからは
健康のことなど気をつけていなくても
健康を傍受出来た時代は終末を迎え、
やはり、自己努力が欠かせないようです。
ネットなどで
様々な情報を集め、
時に個人輸入という手段も使用して
手に入れるものもありますが、
同時に
目の前にあるものの素晴らしさも
大切にしています。
ビワの葉や、新鮮な魚、野菜(頂き物が多いのですが‥)
そして
砂浴!
これ、良いです!
暇を見つけては、地元長浜の砂浜に
埋まっています(笑)
デトックス、というやつでしょうか
身体の中の悪い成分を
ドンドン吸い出してくれるイメージです。
砂浴をした後、
自宅でシャワーを浴びますと
心も身体もリフレッシュし
とてもスッキリします。
これなど
島暮らしならではの健康法でして
とても贅沢な時間を過ごしています。

ただし
この砂浴
砂の中にいる
小さな甲殻類のような生き物に
チクチクと噛まれ?るので
それだけはチト難点があります。
とは言え
海の近くで暮らすことに
大きな喜びを感じる行為なのであります!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

キャンピングカーで四国カルスト!!③ [島暮らし]

IMG_2741.JPG

河川敷でのBBQの後は宝泉坊温泉へ♪

こちらは、温泉の他、温泉水を利用したプールの他、
安価に泊まれる宿泊ロッジなども併設の健康保養施設です。

プールも楽しそうだったのですが・・・
かなり足止めを食らいそうだったので(笑)

家族風呂へ直行ー!

四国カルストから下山して一番近い温泉は、
「雲の上温泉」なのですがこちらは家族風呂がないので、
家族風呂好きの我が家、遠周りながら今回はこちらにお邪魔しました。
いや~、家族風呂が空いててよかったです(笑)

泉質もなかなか良く、熱めのお湯も立ち寄り湯にはベスト♪
みんなでのんびり疲れを癒しました~。
はぁ~きもちよかった~。

湯上りに休憩したいところでしたが、宝泉坊からカルストまでは
まだけっこう距離もあり夕暮れ時も近づいてきていたので、
暗くなる前にはなんとしてもカルスト入りを!と、
四国カルストを目指します。

宝泉坊を少し過ぎるといよいよ高知県に突入~。
雲の上温泉を通り過ぎしばらく進むと、
四国カルストへ繋がる「東津野城川林道」の入り口が見えてきました!!

事前に調べていた情報通り、
「林道」とはいうものの
2車線の舗装された道路のため走りやすく、
途中一車線になっている箇所なども、時間的にも対向車がいなかったので、
比較的安心して走ることが出来ました。
愛媛側からのルートだとかなり過酷なドライブになるようなので、
遠回りながらこのルートを選択して正解!でした。

そして!いよいよ!!

四国カルスト、天狗岳に到着です♪
ここからはちょっと道が狭く、
しかも一面に濃い霧・・いや雲?でカルスト台地など全く見えません(笑)

しかし車を走らせていくと、
霧に包まれた青い草原に黄色い花(ハンカイソウ)が群生する、
まるで夢の中の世界に迷い込んだのかと疑うような、
少し怖くなるほどの幻想的な景色が・・・

そして少しずつ視界が開けるにつれ、
目の前に広がるのは、
なだらかな緑の大地に点在する白い石灰岩、
そして放牧された黒い牛たちの姿が悠々と歩く姿・・・

見たことのない異次元の絶景に、
ただただ、圧倒されるばかりです!!!!


つづく





nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - 島暮らし ブログトップ