So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

禁煙のきっかけ [ひとり言]

001.jpg


禁煙のきっかけを思い出します。
東京で暮らしていた頃、
勤務中の喫煙場所で
タバコをふかしていました。
空には鳩が飛んでいました。
晴れ上がった雲一つ無い日でした。
ふと、
本当に何気なく
ある考えが
僕の頭に浮かびました。

「何だってこの人は(僕)、毎日、毎日、こんなにも煙を吸うことを幸せとしているのだろう」

ある種、完全に自分を客観視した瞬間であったと思います。
禁煙しよう!という決意を感じたというより、
同情した、という感じがピッタリと思います。
可哀相でした。
一日のうちに何度も、何度も
煙を吸い込むことを求め、
それに充足感を感じている。
まるで、それが一番の充足であるかのように。
悟った、と言いますと多少大げさな気もしますが、
それは一瞬の出来事でした。
もっと他にも
楽しいことは沢山あるのではないだろうか。
そう思ったのです。
結局
今日、計算してみますと
禁煙スタートから
6年3か月の日々が流れていました。
禁煙することのストレスは
最初から今まで
驚くほどありませんでした。
為すべきことをした
理由がシンプルだったことに
その理由があると思います。

中毒になっていると、
人はそのことを認められません。
「中毒ではない」
と言い張ります。
僕もそうでした。
でも・・・・・
タバコは間違いなく、
中毒性の非常に高い、化学物質の塊です。
それは、
依存性があるから、などという生易しい言葉では片付かない
中毒者を増やし続けている、という面で
行政その他、色々な団体にその責任がある
社会的に対策を講じる必要のある事柄でもあると思います。
ですが、
やはりその中毒から抜け出すにあたっての
一番の責任者は
自分以外誰でもないように感じました。

僕は約束できることがあります。
タバコをやめると
間違いなく
良いことが起こります。
これは
紛れもない事実です。
幸せは減りません。
逆なのです。
増えるのです。
このことは
中毒症状真っ只中にいる時、
理解するのは非常に難しいと思います。
ですが、
これは僕からのメッセージなのですが、
タバコをやめてください。
お願いします。
やめてください。
身体には
本当の栄養をあげてください。
タバコをやめ、
その代価として
禁煙継続中に受け取るものは
喫煙しながら受け取るものより
遥かに素晴らしいものばかりです。


その昔、
今では覚せい剤として
強い法の規制のもとにあるメタンフェタミンも
「ヒロポン」という名前で
ごく普通に薬局で買えたそうです。
タバコとアルコールもまた、
コンビニ、スーパー
その他
どこでも、いつでも
手軽に買うことができます。
本当に国民の未来を見据えるなら
まずは
健康第一!
そろそろ法的な規制も一つの考え方と思うのです。



















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

禁煙のススメ [身体の動かし方]

IMG_0112.JPG


先日、肺活量を計る機会がありました。
その数値6000。
「!6000ありますね~」
と計測をしていただいた方から驚かれました。
平均値というものが、その時はわからなかったのですが
調べてみると平均よりもかなり高い数値でしたので
嬉しかった!です。
考えてみれば、

マラソン、早かったです。
子供の頃、元気でした。
走っても、走っても
「疲れた」
などとは言わず、
更に、その先の「楽しい」ことに
毎日
照準を合わせ続け
駆け回っていたと思います。
最近、
農作業をしていて
息が切れる状況がかなり減り
嬉しいなぁ~適応してきたなぁ~
と思っていた矢先の今回の数字。
筋力のアップがその大きな理由だと思っていましたが、
それだけでなく、
肺活量の復活があったのかと
全く意識していなかっただけに
驚きがあり、その分の喜びも大きかったです。


「復活」と書いたのには理由がありまして
僕は5年前まで、約20年間そこそこのヘビースモーカーでした。
ラッキーストライクやマルボロなどの強いタバコを
一日約一箱半
まるでノルマのようにせっせと吸っていました。
体力には自信がありましたので、
タバコごときで健康に影響があるわけがない、
などと根拠のない仮説を立て
好き勝手にやっていました。
でも・・・・・
今考えてみますと、
朝の寝起き
駅の階段の昇り降り
満員電車で往復三時間、立っているとき
遅刻しそうになって会社まで走る時
仕事を終えての帰り道
「疲れた」
と感じるシチュエーションが
歳をとっていくごとに徐々に増えていったと思います。
全てがタバコが原因であるとは勿論思いません。
が、
禁煙して五年
喫煙時代と比較しますと
息が切れる、疲れを感じるシチュエーションが激減し
数値としてハッキリと
自分の肺活量がわかりますと
喫煙の害というものが
かなりハッキリと浮かび上がって来る気がします。


正しく
百害あって一利なし。
断言させていただきます。
さぁ~
今日から
レッツ!禁煙!
僕も日々、
継続中でございます~!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

”フィールドワークス”さんの「とみつ金時」と、物々交換して頂きました♪ [物々交換]

フィールドワークスさんの、
超絶美味しいサツマイモ”とみつ金時”と、
みずたま農園の伊予柑、はるみを、物々交換して頂きました。

以前ブログでも記事にさせて頂いた「風の畑」さんと、
http://wakuwakuijyu.blog.so-net.ne.jp/2016-03-13
お正月に、美味しい~お野菜やお餅などと物々交換をして頂いて、
おかげでとても良いお正月を迎えられたんですが、
その、開けて楽しい宝箱のような荷物の中に
”とみつ金時”を少しおすそ分け頂いていました。
そのサツマイモが本当に美味しくて親子で大興奮!!

その後、風の畑さんから直接ご紹介頂いて、
今回の物々交換につながりました^^
広がる嬉しいご縁に感謝します~!!

オフィシャルHPで、ブログなども公開されているんですが、
これがまあ本当に素敵なんです♪

”「日本の田舎をつなぐ」をモットーに、
田舎のあり方、農を営む女性の生き方を模索し、提案・提言していくための活動”を
展開されている、
「NPO法人田舎のヒロインズ」でもご活躍されているそうで、
http://inakano-heroine.jp/index.html

色々興味津々です~!!!
島でも、若い世代の女性の農家さんは本当・・・に少ないので、
女性の農家さんたちのご活躍、とても励みになります^^


”とみつ金時”、子供たちはもちろん!
ちょうど、来島中の義父母にも大好評です!
皆で美味しく頂いております~。

フィールドワークスさん、ありがとうございました!!

「フィールドワークス」
http://www.fw-tomitsu.com/index.html


*********

みずたま農園では、
物々交換をして頂ける方を随時募集しております♪
みずたま農園の柑橘と、貴方が大切に作った何かを、物々交換しませんか?
お野菜、果物、お米、パン等の加工品などの他、食品以外でも大歓迎です♪

現在、みずたま農園からは、
伊予柑を送らせて頂けます。
時期によって物々交換出来るものが変わって参りますので、
詳しくは直接お問い合わせ下さい~。
カテゴリー”物々交換”より過去の物々交換もご覧いただけます^^
素敵なご縁、お待ちしております~^^

nakajima_citrus@yahoo.co.jp





ドラム缶・・・ [島暮らし]

来島中の義父母とお風呂の話をしていたところ・・・

「そういえば、最初はドラム缶のお風呂に入ってたんでしょう」と言われました。

ドラム缶のお風呂!

いやいやいやいや、入ってないです入ってないです!!!(笑)

移住当初、家の片付けで出た廃材を薪にして、
お風呂を沸かしていたという話が、
何故か、ドラム缶のお風呂に入っていた話になっていたようで、
移住したての家で家族でドラム缶風呂に入る
私達を想像したら、じわじわきました(笑)

「いやぁ、子供達はともかく、◯ちゃん(母です)はどうしてたのかと思ってたのよ~」と。

でも確かに、薪のお風呂とか、築百年超の古民家などと言うと、
ものすごい昔話な暮らしを想像されることが多く、
実際の家の写真などを見いて頂くと、

「あぁ~、意外と!(昔話っぽくない)」

みたいな反応をよくされます(笑)

でも、ドラム缶風呂、
実は夫とも、やりたいね~って話もしています。
海でドラム缶風呂とかやったら気持ちいいだろうな♪








こどもたち [ひとり言]

001.jpg

先日、
すれ違った小学生くらいの男の子たちに
「こんにちは!」
と大きい声で挨拶をされました。
妻と並んで歩いていたその時、
気持ちはちょっぴり沈み
疲れを感じていた日だったのですが、
咄嗟に
「こんにちは!」と大きな声で
挨拶を返していました。
この辺りの
「軽い」感じは
僕自身、最も自分で好きな部分でもありまして、
なんの取り柄もない
単純バカの僕ではありますが、
自分らしさを感じます。
そして
それをキッカケに
気持ちは少し回復し
(よ~し!)
という気持ちを取り戻せたかな、と思います。
小学生のみんな、ありがとう!


こどもたちの存在は
本当に
心から
世界の宝と感じます。
我が子、
もちろん可愛いです。
ですが、
他の子だって
やっぱりかわいい!
皆、それぞれの
みずみずしい
感性と共に
光り輝いています。
ホント!
能力とか、外見とか、性別とか、年齢とか
そんなものでなく
唯一無二の存在として、
闇を照らす輝きを放っています。

少し前ですが、
妻と話している時に
不意に
「これから僕はBoys be ambitious !でいくよ~」
といった後に
「45歳だけど」
と言って二人で大笑いになりました。
でもね・・・・
あえて書きますが
大真面目ですよ~
この有名なウィリアム・スミス・クラーク博士の言葉ですが
続きがあったのですね。
初めて知りました。
震えを感じるほどジワーと心に響いたので
ご紹介させて頂きます。


少年よ、大志を抱け。
しかし、金を求める大志であってはならない。
利己心を求める大志であってはならない。
名声という、つかの間のものを求める大志であってはならない。
人間としてあるべき すべてのものを 求める大志を抱きたまえ。


be ambitious !


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

まつやま という街 [島暮らし]

024.jpg


僕らの島
中島。
中島は市町村的には
松山市となりまして、
「中島」という表記は住所には無いために
住所だけ見ますと、
離島とは思えない住所です。
ですが、
島から松山市内へ行くときには
「まつやまへ行く」と言います。
島で暮らしていると、
それは極、極 自然なことなのです。

ここ、松山の地へ移住してきてから
気がつけば3年の月日が流れていました。
ここ、
まつやま
何だか優しげです。
町並みが穏やかです。
人も優しく、
何となく街全体に女性的なものを感じます。
まつやま
という響きも
何処と無く
女性的な感じがします。
やわらかく
包み込まれるような
そんな雰囲気に街全体が溢れています。
う~ん良いところへ来たなぁ。

松山市内からは
石鎚山が見えます。
西日本最高峰である、この石鎚山。
この時期
うっすらと雪化粧に包まれ
美しいです。
最近、
数人の地元の方から
「まつやまは石鎚山が守っている」
というお話を伺いました。
お話通り、
寒空に屹立としているその姿を眺めていると、
ああ、
僕もまた、その庇護のもとにある
と感じ
心が静かになります。

今は海辺で暮らしている僕達ですが
元々、
山々も大好きでして
島へ来る前は
むしろ圧倒的に山を訪れるほうが多かったのです。
海も
そして
山も
どちらにも魅力を感じてしまい、
甲乙つけがたく、
海とは違った山の魅力を目の前にすると
森に暮らすのもまた、
良いだろうなぁ~
などと
浮気心が・・・・・(笑)


四国、まつやま  良いですよ~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

料理 その難しさ [ひとり言]

001.jpg

家族のための料理をお手伝いしていて
現在
一番「凄い!」と感じること。
それは作る「量」
私、(夫)一人暮らし歴はそれなりにありまして
いわゆる「一人暮らしのための」料理はそれなりに得意と申しますか
ごく普通にこなせます。
それはなぜなら、
作る量、必要な食材
それら全て「一人分」だからです。

たまに料理を作る時、
一番戸惑い、
そしてパニックするのが
この「量」というやつでして
そもそも炊く米の量からして
何合炊けば?という疑問が持ち上がります。
カレーライスを作るにしても
どれだけ作れば、家族5人がどれだけ食べられるのか
というのが瞬時には全く判断できず、
スーパーで食材を放り込み、
時には
「あるもので」
いとも簡単に食卓に料理を並べてしまう妻には
今、憧れすら感じてしまいます。(笑)
かっこいい~ぜ! 母って!

考えてみれば
男どもが
交感神経をフルに活用し、
その筋力を、
その話術を、
その他全て
与えられた能力を
惜しみなく使い切り
えらそうに
仕事をしてきたぜ!
などとえばりちらしても
そもそも
「それだけでは」
家族は食えないわけで。
そこに具体的な
「料理」という行為が加わることにより、
初めて家族全員が安らかに日常を過ごせるわけで。
それはまるで、
口で食べ、胃で消化し
「満腹感」を得て
あたかも、
そこで終了したかのような食するという行為も
むしろそこから
無毒化や分解、吸収、そして排泄と
人体を保つにあたって最も重要なプロセスへと
日々向かうという関係にも似ていると感じてしまいます。

少々わかりにくい話になりましたが、
やっぱり
母、
すげー!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

お料理 ~食~ [島暮らし]

IMG_5103.JPG


最近、僕達の間では
「食」が大ブーム。
まるで生まれ変わったが如く、
食材を
料理を
見直し
一から学んでいます。
現在、職業欄には
「農家」と書きますが
子供っぽく言えば
「食べ物屋さん」
とも呼べるかと思うので、
考えてみればそれは当然のことであるようにも思うのです。

食を見直して思うこと、
それは
主婦業の大変さ!
別に奥様方のご機嫌を取りたいわけでなく、
自分が実際に少しでもそれに関わってみますと
よくわかります。
お金と時間が無限にあるならばいざ知らず、
忙しい日々の中、
めんどくさいことが山積みの日々の中
日々の三度の食事を作るというのは
並大抵のことではありませんなぁ~
特に現在二人でこだわっているのは、
加工品を限りなく減らし、
なるべく原料から、
それもその原料をなるべく吟味して、
という一手間も二手間もかかることでして
元々、(家族の)料理などほとんど作ったことのない僕にとって
今のところ、
「皿洗い」と「包丁研ぎ」くらいしか手伝えることがありません。

が、
頑張りますよ~!

何せ二人で「家族のために」料理を作るのは
普通に楽しい~
これは!楽しい発見をしてしまった。
ニヤリ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

仲良しさん [島暮らし]

001.jpg


最近、ふと思います。
妻と出会ってから10年以上の月日が流れましたが、
なんだかごく普通に
仲良しさんです。
性格も趣味も違う僕たちは
時に衝突したり、話さなかったりもするのですが
それでも
ずっと
一緒にいるんですよね~
夫婦だから当たり前と言えば、当たり前なのですが
やっぱりね、
当たり前じゃないですよ、これは。
第一、普通こんなに一緒に居れません(笑)
なので、
ことわざに思わず深く頷いてしまうように
思い出す言葉があります。
この言葉は普通、お嫁さんに向って母親が言うように記憶していますが、
「お婿さんになる人とは、生まれた時から小指と小指が赤い糸で結ばれているのですよ」
っというやつですね~
四十も半ばを超えたオジサンが言いますと
気色悪いものがありますが(笑)
やはり僕の中で有力です、赤い糸説。

この「生まれた時から」というのにノックアウトされてしまいます。

二人で生み出していく、
「一人では決して見れない世界」
を二人で一緒に見ていくのが大好きです。
時にハプニングあり、
順風満帆で常にあるわけではありませんが、
それでも僕の頭のなかに
スピッツ
「運命の人」が響きます。
そう!
君となら!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

愛媛マラソン ~信じる力、解き放て!~ [島暮らし]


決めた!

決めちゃいました!!

私、愛媛マラソンに出ます!!!

マラソン中継終わったばかりの、
感動の勢いで、つい書いてしまいましたが(笑)

マラソンいいですね。
アスリート選手たちの活躍もすごかったですが、
時間ギリギリで完走できるか!?っていう、
市民ランナーさんたちに感動させられましたTT

本当は、島のトライアスロンに出たかったんですが、
昨年の夏、一生懸命練習したのに息継ぎが出来るようにならず、
長女に抜かされてしまったあたりで、きっぱりと諦めました(笑)

全くのゼロスタート!
中学校のバスケ以来、はじめてのスポーツチャレンジ!!

何故かよく、陸上やってた人と思われます。
多分、いかり肩だからっていうだけのような気がしますが(笑)
助産院の先生にも、肩甲骨とか褒められたし、
握力も強いし(←あまり役に立ちそうにない)
保育園のバスのお迎えに遅刻しそうでダッシュ!を島の方に目撃されて、
「あれは絶対陸上やってた。ってばあさんが言ってた」と言われた私!
(限界集落で、そもそも走ってる人がいない(笑))

きっと、いいもの持ってるはずです!(笑)
解き放て~!!

さて、まずは、
靴を買おう!と思ったところで、
私の、妙な減り方をする靴底が頭に浮かぶわけです。
こうなったら、内股も直して、
夫と一緒に股割りもやろう!
身体全体はそこまで固くないはずですが、
股関節は昔から超固く、90度ぐらいしか開きません><

走る時間をつくるってことは、やっぱり早起き!?

なんと、超健康的ではないですか!!

今年は、ずっとやりたいなと思いながらやらなかったことを、
実際に行動に繋げる年にしようと思っているので、
無理して身体を壊さない程度に、ちょっとずつ、走ります!

さて、三日坊主の私が、どこまで続くか・・・

いやいや、今年ばかりはやりますよ!

そして、目指せ愛媛マラソン~♪


前の10件 | -