So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

お盆休み 里帰り~(10)恐竜の森へ♪ [島暮らし]


tky (317).JPG

3時にツアーを出発し、博物館前に戻ったのが5時頃。
宿泊の予約をしていた宿が、思っていたより遠く、
体調も優れないため、先を急ぎそうなパパだったのですが、

もう一箇所!もう一箇所だけ!!
どうしても子供たちを連れて行ってあげたい行きたいスポットがあったのです。

ライフサイズの巨大恐竜が住む森!
「かつやまディノパーク!!」http://www.dinopark.jp/

通常は営業時間が5時までなのですが、
夏休みで特別に6時まで営業中!
園内を一周歩いて約20分!

あと、20分、どうか~!!

ということで、無理にお願いして急いで周ることに♪
パパありがとう~^^

園内に入ると、森の中にこだまする恐竜たちの声!!
子供も思わず走り出します^^

tky (284).JPG

森のあちこちには、
等身大の”動く”恐竜模型が~!!!
あんまり小さい子だと、泣いてしまうかもしれません・・・。

tky (260).JPG

よく恐竜の図鑑を見ている子供たちから、
「10メートルってどのぐらい?」なんて質問をされることも多かったので、
一度、このライフサイズを体感させてあげたかったのです。

tky (309).JPG

閉園ギリギリということもあってか、
園内はガラガラで、本当に恐竜の森を探検している気分♪

tky (301).JPG

恐竜博物館に行くからと、
一張羅のアロサウルスTシャツを着ていった長男(笑)
アロサウルスと一緒にパチリ☆

tky (278).JPG

子供たちの足取りも早く、あっという間に園内一周!
もう一周したい!と機嫌を損ねるちび恐竜を、
なんとかアイスでなだめすかして、
かつやま恐竜の森を後にしました。

あ~!!!!楽しかった!!!!!
また、絶対行きたいです♪

昼に到着して、5時半頃まで滞在していましたが、
正直、全然時間が足りませんでした。
恐竜の森周辺の宿泊施設なども、夏休みは一杯なところが多かったので、
パーク内に恐竜をテーマにした宿泊施設やキャンプ施設が、
出来ることを待ちわびております~。

因みに、豪雪地区の勝山なので、
かつやま恐竜の森内にある施設は、
ほとんどが春~秋の営業となっているのでご注意を。

恐竜好きの聖地、勝山!
是非是非、恐竜好きのお子さんと行ってみて下さい^^


お盆休み 里帰り~(9)1億2千万年前の、化石発掘♪ [島暮らし]

DSCN1516.JPG

そしていよいよ化石発掘体験です~!!
屋根付きのスペースに、
1億2000万年前の手取層群北谷層から採取された、
石がゴロゴロと転がっています!!!

因みに、今年の6月頃ニュースになった、
小学生が、新種とみられる小型哺乳類の骨格を発見したのは、
かつやま恐竜の森内にある”どきどき恐竜発掘ランド”での
発掘体験によるものでしたが、
化石発掘作業に使われている石自体は、
今回のツアーの発掘体験施設と同じ発掘場所から運んできたものだとか。

事前にそんなニュースも見ていたので、
新種、見つけちゃったらどうしよう!!なんて、ドキドキ!!
ロマンが広がります~♪

最初に、研究員さんから説明を受けた後、
タガネ、ハンマー、ゴーグルをお借りして、
30分間の発掘体験スタート!
(今回事前に百均で軍手を購入して持参したのですが、
バス乗り場に、野外恐竜博物館のロゴ入り手袋が100円で売っていて
ちょっとショックでした!いや、別に買ってもよかったんですが(笑))

白っぽい石は硬くてなかなか割れないので、
黒っぽく柔らかい石を狙うこと。と聞いていたので、
黒い石を狙います~。

長男は、つきっきりかな・・・と思っていたのですが、
勇ましく、一人で夢中で石を割っていたので、
心置きなく、私も夢中になれました(笑)

DSCN1365.JPG

DSCN1364.JPG

石の中から、濃い黒い部分や、丸っぽいものなど、
なんとなく怪しいな~と思うところが見つかった時には、
現場に何人もいらっしゃる研究員さんのところに持って行くと、
「ここが植物の化石だよ。」とか、
「ここに貝の化石が入っているよ」など、教えてくれます。

冒頭のイラストは、次女の絵日記からなのですが
まさにこんな感じ(笑)

DSCN1363.JPG

ここで発掘した化石は、一人一個(大人のこぶし大程度の大きさまで)
持ち帰ることが出来るんです!
但し、恐竜に関係すると思われる脊椎動物の化石の場合は、
鑑定が必要になるので持ち帰ることが出来ません。

植物の化石でも、本当に葉っぱの形そのままのような化石もあるのですが、
多くは、ただ、石の中に濃い黒の箇所がある程度なので、
化石と言われなければさっぱり分からないレベルなのですが・・・
それでも、恐竜が生きていた時代に、
もしかしたら恐竜が踏んだかも!恐竜が食べた草かも!と思うと、
やっぱりわくわくします~♪


30分の発掘時間は、もう本当にあっという間!!!でしたが、
なんとか子供たちも私も、それぞれ植物や貝の入った
化石を見つけることが出来ました!!

DSCN1620.JPG

↑これは、私が見つけた化石♪
丸く見えるのが、貝の化石だそうです。
こぶしよりちょっと大きなサイズだったのですが、
「貝が沢山入ってるし、このぐらいならいいんじゃない?」と言って頂き、
持って帰ってきました♪電車旅行じゃなくてよかった・・・(笑)

DSCN1621.JPG

↑こんな感じの、濃い黒いところは、植物の化石です。
かなりざっくりしてますが、植物だそうです(笑)

本当に楽しくて、
もっと発掘したかったーーー!!!のですが、
こどもたちも私も、大満足♪の野外恐竜博物館でした。

バスを降りる時には、発掘証明書も頂きました♪

DSCN1622.JPG

これもまた、子供たちの宝物となりそうです。

後で、持っていたルーペで化石を見てみたのですが、
それだけで不思議と楽しくて、時が経つのも忘れそう^^
ロマンですよ!ロマンーーー!!

野外恐竜博物館、とーってもお勧めです♪
植物の化石は沢山見つかるので、
小さなお子さんでも、きっと化石を発見出来ると思いますよ。

恐竜好きなら是非一度!

お盆休み 里帰り~(8)化石発掘ツアー!! [島暮らし]

DSCN1336.JPG

そして、いよいよ~♪
みんなが一番楽しみにしていた、
野外恐竜博物館へ行く、化石発掘バスツアーです!!!
https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/visit/fieldstation

「かつやま恐竜の森」のパーク内には、
発掘体験が出来る”どきどき恐竜発掘ランド”という施設もあるのですが、
今回は、
フクイサウルス、フクイティタン、フクイベナートル、フクイラプトル、コシサウルス、
などの化石が発見され、現在も発掘が行われている
約1億2千万年前(ジュラ紀)の手取層群北谷層を間近で見学が出来るという、
恐竜博物館からのバスツアーに参加しました。

バスツアーの所要時間は約 2時間(往復1時間、見学・体験1時間)で、
その間、体調の悪い中早朝から車の運転をしてくれていたパパは、
車で休憩をすることに。。

博物館前からは、観光バスで出発です。
私たちのバス、”フクイラプトル号”!に乗車して、

パパ~、行って来ます~!!

車中でも、ガイドさんが恐竜についての豆知識や、
恐竜クイズなどを出してくれるので、
飽きることなく現地に向かうことができました。

そして、一般には立ち入ることが出来ない、
秘密の道を通って、野外恐竜博物館へと向かいます。わくわく~

途中には、日本にここだけしかない!
「恐竜出没注意!」の標識も(笑)

DSCN1345.JPG

DSCN1344.JPG

DSCN1340.JPG

現地につくと、3班に分かれての行動でした。
私たちは、まず、展示場の見学から。
こちらはとても小さな展示場です。

DSCN1350.JPG

その後、川を挟んですぐ向こうにある、
手取層群北谷層の発掘作業見学!!
前述のとおり、沢山の恐竜の化石が発見されている地層ですが、
そんなに広い発掘現場ではないのが驚きです。

DSCN1352.JPG

丁度、作業員の人達が発掘作業をしているところだったのですが、
いや、もう本当に楽しそうで羨ましい!
子供の頃、特に夢などなかった私なのですが、
こうしてみると、世の中には、なんと楽しそうな職業が沢山あることか♪

DSCN1355.JPG

DSCN1358.JPG

古生物学者や恐竜博士になりたいという次女の夢、
本当に素敵で、是非叶えてもらいたいな~と思います^^

~つづく~


お盆休み 里帰り~(7)福井恐竜博物館 [島暮らし]

tky (213).JPG

そうして、あっという間に東京での時間は過ぎて。。。
早朝、帰りの寄り道地点、福井県に向けて出発!

さようなら、東京~

移住する日、
こんな風に早朝、中島を目指して出発した時の、
えもいわれぬ心境を思い出します。

早朝だというのに、意外と道は混んでいたのですが、
なんとか渋滞にはまらず、

昼頃、無事、みんなが楽しみにしていた
「福井県立恐竜博物館」に到着しました!!!!

さすがは、恐竜王国福井県!
向かう道すがらにも、恐竜のオブジェや看板などがあちこちにあって、
テンションがあがりました^^

博物館は、「かつやま恐竜の森」http://www.kyoryunomori.net/という
広大な敷地を持つ公園内にあり、
恐竜博物館の他にも、等身大の動く恐竜が住む?かつやまディノパーク、
化石発掘の体験施設、恐竜をモチーフにした遊具の広場など、
その一帯が、恐竜のテーマパークのようになっており、
恐竜好きの聖地のような場所なのです♪楽しみすぎる~

3時から、発掘バスツアーの予約をしていたので、
それまでに、昼食と博物館見学を済ませるべく、
大急ぎで昼食を!!

因みに、
博物館の中や外にもレストランや食堂施設はありますが、
そんなに広くなく大型連休などにはかなり混雑しそうなので、
昼食持参で、芝生広場などで食べるのも気持ちよさそうですよ~。

そして、いよいよ福井県立恐竜博物館へ♪
https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/

tky (186).JPG

楽しみにしていた子供たちも、嬉しそう!
長男など、ずっと肉食恐竜ポーズです(笑)

ちょうど、「恐竜の大移動」という、
ティラノサウルスとトリケラトプスの仲間の約1億年をかけた
大移動と進化を追った、特別展も開かれていました。

tky (191).JPG

レンタルの音声ガイドに”子供向け”のものもあり、
子供たちに聞かせてあげたかったのですが、
なにせ時間がなかったので、今回はガイドなし。
博物館など、子供には難しいことも多いし、
解説を読んであげようと思っても、
わかりやすい模型を求めてどんどん先に行ってしまう
小さな人なんかも同行だったりするので(汗)
この、子供向けのガイドというのは本当にすばらしいな~と思います。
次回は是非。。。

DSCN1318.JPG

とにかく、時間がないので、どんどん先へ先へと進んだのですが・・・・
それだけでも、充分楽しめるというのは、すごい!!!
とにかく展示の見せ方が絶妙で、ビジュアル的にも非常にわかりやすいので、
小さな子でも飽きないと思います!

DSCN1326.JPG

途中には、ちょうど長女向けの、
鉱物コーナーもあり、熱心に見入っていました^^

tky (201).JPG

化石クリーニング室や、ダイノライブラリー、恐竜映画の上映、
館内のお土産屋さんなど・・・時間内に見回り切れなかった場所も多く、
ちょっと残念だったのですが、
なんとか、バスツアーの集合時間までに、
ざっくりと館内を見回ることが出来ました。よかった・・・。

tky (226).JPG

子連れで博物館等に行った後、
「また、もうちょっと子供が大きくなったら行ってみたいな~」と
思うことは多いのですが、
福井恐竜博物館、今すぐにでもまた行きたい!!!
子供の影響ですっかり私まで恐竜好きになってしまいました(笑)

そして、次はいよいよ今回のメインイベント~♪
「野外恐竜博物館」行きのバスツアーです。



お盆休み 里帰り~(6)大好きな助産院へ

IMG_0130.JPG

そして、子供たちと夫に1日遅れて、夫の実家へ~!!

家に近づくにつれ、聞こえてくる
やかましい子供たちの声・・・。
なんという短い静寂の時だったことか(笑)

前日には夫の妹さんも遊びに来てくれたようで、
ご機嫌な子供たちが元気に出迎えてくれました。

夫のご両親もお元気で本当になによりです!

ちょうど台風も来ていて、子供たちもずっと家だったので、
うるさかっただろうなぁ・・・。
のんびりさせて頂いて、ありがとうございます~。

滞在中にも、「実家か!」というほど、
ぐうたらとのんびり過ごさせて頂いて・・・(汗)
本当に、いつもながら感謝、感謝です。。。

翌日には、夫と二人でちょっと外出。
同市内で、いつもお世話になっている方にご挨拶に!

そして、その後、ちょうど近くに
次女と長男を出産した助産院があったので、
突然なのでいらっしゃるかと不安でしたが、
急遽、訪ねてみることにしました。

助産院に最後に行ったのは、
長男の1ヶ月検診だったので、
もう4年以上も前ですが、助産院の先生方には、
農家になってからの私達のこともとても応援して頂いて、
助産院の名を見るたびに、
産後のやわらかい時間が思い出されて、
いつも、とても、心強く感じています。

入り口を入ると、
テルミーと、アロマオイルの、懐かしい香り。
全然変わらない空気!!
出てきて下さったのは、
大好きな、助産院の院長先生でした!!!!

ちょうど、長男が誕生した部屋で、
先生と少しお話したのですが、
本当に何も変わらず、安心出来る場所、そして先生で、

助産院と、先生と、お産が大好きで大好きで、
一時期には、助産師になる!って、決意したこともあった私。

そういえば、産まれてから今まで、
自分の家以外の場所で、あんなに自分の中で
特別で、大好きな場所ってないかもしれません。
そんな場所が、子供たちが誕生した場所だということを、
心から幸せに思います。

帰り際、先生と握手をしたのですが、
先生の手があったかくて、ぐい~んと、
何かエネルギー注入されたみたいで、
え?っとなりました。

あの世とこの世を繋ぐ、先生の手。
やっぱり只者じゃない!(笑)
次は、子供たちも一緒に会えたらいいな。

東京帰省の際、いつもたくさんの
会いたい人たちの顔が浮かぶのですが、
あの人に会うならこの人にも会いたいし・・・
おばあちゃん達ともゆっくり過ごしたいし・・・と、思うと、
なかなか短い帰省中には会いに行けず、
歯痒い思いをしているのですが、

いつも、皆さんの応援に支えられて、頑張っています。
ありがとうございます!!


お盆休み 里帰り~(5)家族のこと [島暮らし]

IMG_3139.JPG

落語を見に行った日は、
ちょうど地元の花火大会の日だったため、
電車が混む前に~と、大急ぎで帰宅!!
なんとか電車が混む前に帰れて一安心・・・。

落語の後、夫の実家へ向かうことも考えたのですが、
花火大会の会場最寄駅を通過しないといけないこともあり、
久しぶり~に、実家で一人もう一泊することに。

そうえば、子供や夫が一緒ではなく、
単身で実家に泊まるのなんて、
もしかしたら結婚以来初めて!?!?

それも、姉も揃って家族4人で過ごすなんて、
一体いつぶりでしょう・・・???

みんなでご飯を食べに行ったり、
駅前開発ですっかり様変わりした地元駅周辺ながら、
昔からずっとある懐かしい店に買い物に行ったりしながら、
古い懐かしい記憶が、蘇るようでした。


とにかく家族で一緒に過ごすことの多い私たち家族。
この時間が、いつか大きくなった子供たちの、
お守りのようになればいいと、いつも願っています。
ただ、その時間の長さというのは
そんなには重要ではないんだな、と思うのは、

夫も私も、子供のころには、そんなにたくさんの時間を、
家族で一緒に旅行に行ったり、団欒の時を過ごしたり、
してきた訳ではなく、

それでも、お互いに、
決してなにものからも犯されることのない
聖域のような場所に、その記憶を、大事に持っているのを感じるからです。
そして、その聖域のおかげで、
なんとかここまで生きてきたような気がするのです。

子供の頃などは、
もっと違う家に生まれてきたらよかったのに。なんて、
まあ、月並みの反抗期を迎えたこともありましたが、

そもそも、違う家に生まれてきたならば、
それは、私ではないわけで。

夫と、私。
それぞれ全く違う環境で生まれ育った私たちが、
家族になり、ひとつの家庭を作り上げていく上で、
時折訪れる、激しい衝突。
その衝突の原因も、紐解いていけば、ただ、お互いに、
自分の生まれ育った家を、大切に思っている。
それだけだったりすることが多いのです。

そして、その衝突のエネルギーで、
また新しい何かが、ここに生まれているのかなとも、思います。

移住して、実家に帰る機会も少なくなってしまいましたが、
どうか、いつまでも皆元気で私たちの成長を見守っていて欲しいと、
ただただ、願うばかりです。


お盆休み 里帰り~(4)柳家小三治独演会! [島暮らし]

DSCN1580.JPG

三日間、私の実家に滞在した後は、
八王子の夫の実家へ!
・・・移動した子供たちとパパでしたが、

私は一人実家へ残り、
父と二人、落語を見に行ってきました^^

7月の父の誕生日に、
そういえば以前、母が懸賞で当てた(!)コンサートや
舞台など、父母とあちこちへ一緒に見に行っていたことを思い出し、
落語好きな父なので、落語会のチケットプレゼントすることに!

父の贔屓の「立川流一門」の講演チケットは残念ながら入手出来ず・・・
たまたま、帰省中の日程で、近場のホールで、(私の好きな・・・)
人間国宝! 柳家小三治師匠の独演会があったので、
こちらのチケットをプレゼントして一緒に行くことに~♪

「恐竜の夢を見たいと思って寝るのに、なかなか恐竜の夢が見れない~!!」と
嘆いているのは我が家の次女ですが(笑)
若い頃、父の影響で落語にはまり、
落語の舞台になっている江戸の町や長屋が、
なんとか夢に出てこないものかしら!!と願っていたのは、私です(笑)

あまり同世代で、落語の話を聞くことはないのですが、
小三次師匠のファンは周りにもちらほら。
若い方にも人気があるのですね。

そんな訳で、楽しみにしていた独演会~!!

まさかのエレベーター設備のない古いホールの最後列・・・だったため、
足の調子の悪い父を、長い階段を延々と登らせるはめになってしまったのは、
本当に参りましたが><なんとか無事到着。。。

前半は、前座のはん治さんの「子ほめ」から始まり、
そして、
待ってました~!の小三治師匠登場!!
小三治さんと言えば、「まくらの小三治」とも呼ばれるほど、
長~いマクラでお馴染みですが、
この日は、延々オリンピックの話題でした。

オリンピックを全く見なかった私なのでちょっと悔しかったのですが、
ちょうど、実家で母や姉が話しているののを聞いていた話題が
ちらほら出てきたので、なんとか話についていけて感謝(笑)

そしてまくらから流れるようにすっと入ったのは「長短」。
小三治さんの長短は初めて聞いたのですが、
小三治さんの演じるまぬけな役?が大好きな私としては、
とても嬉しい一席でした^^

仲入りを挟んでの、後半は・・・
「死神」でした。

うーん。実は、私がこの噺自体があまり好きでなく、
正直、ちょっと残念・・・><

そして、大ホールの最後列という、
距離感もやはりちょっと微妙だったかなぁ・・とも思いますTT
もうちょっと表情が見とれる距離だったらなぁ・・・。

でも、父と小三治師匠の独演会が観れてよかった♪

公演後、ロビーに売っていた主催の夢空間の
落語グッズでまたまた一気にテンションが上がってしまいました!!!

DSCN1585.JPG

DSCN1586.JPG

落語のネタに因んだ手ぬぐいと、クリアケース!!!!
落語好きならたまらない!しかし、落語知らない人にはなんのこっちゃ!という(笑)
衝動買いなど普段ほとんどすることがない私ですが、
久しぶりに、思わず、全種類大人買いするところでした(笑)

心を鬼にして、「青菜」(小三治さんの青菜、聴きたかった・・・)の手ぬぐいと、
らくだ、芝浜のクリアケースを厳選!!!
その後、見る度にほっこり幸せな気分に浸っております♪

父上、次回は、是非立川流一門の落語会へ~♪


台風!! [島暮らし]

001.jpg

7月の下旬から1ヶ月以上もの間雨が降らなかった島ですが、
9月に入り降り出したと思ったら、今度はずっと降り続いております・・・。

土曜日に、暑すぎる程の晴天の下、
小学校の運動会が開催されたのが、奇跡のよう!!
運動会後、せっかくの三連休もずっと雨でちょっと残念です。
晴れたら、久しぶりにおうちキャンプでもしようと思っていたのに(笑)

さて、昨晩からの台風接近により、
本日は朝から午後3時過ぎまで、
フェリーも全便欠航となりました!

現在、風も雨もすっかり止んでいますが、
今のところ、島で大きな被害の話はないようなので、
一安心です・・・。

平成3年9月に直撃した台風で、
壊滅的被害を受けた中島の柑橘ですが、
もうそろそろ大きな台風が・・・という話も
ずっと聞いているので、
この台風シーズンは気が気ではありません!!

今年は台風の当たり年のようで、
みずたま農園のお取引先等でも、
台風被害の話をたくさん耳にしており、
本当に胸が痛みます。

私たちが移住してから、ほとんど毎シーズンのように、
今年の気候はおかしい。こんなことはなかったのに。という
島の方のお話も聞いているような気がしますが、
異常気象はどこまで続くのでしょう~。。

色々と心配ですが、ここまで来たら、
無事にみかんシーズンを迎えられるように、
祈るしかない!!!!ですね。

どうか、今年もおいしいみかんをお届けできますように!!!


お盆休み 里帰り~(3)おばあちゃん家 [島暮らし]

DSCN1246.JPG

↑こどもたちにカメラを渡したところ、
案の定、ろくでもない写真ばかりが・・・。
レインボーおじいちゃん、分身おじいちゃん、そんなのばっかり(笑)

さてさて。
東京帰省中、最初の3日は、
妻の実家に滞在です。
体調の悪かった夫は、その間、夫の実家で休息を・・・。

大好きなおじいちゃん、おばあちゃん、おばのMちゃんと、
会えて大喜びのこどもたち♪

滞在中は、残念ながら台風接近により
ずっと生憎の天気だったのですが、

近くのカラオケや、
映画館に「ルドルフとイッパイアッテナ」を観に連れて行ってもらったりと、
文明に触れるこどもたちなのでした(笑)

島での夏休み中は、早朝からパパママが仕事に出ていることも多かったので、
朝ご飯の片付け(食器洗いなど)や、弟の面倒・・・
昼食の片付けや、洗濯物畳みなど、
いっぱい手伝ってくれたお姉ちゃんたち。
ちゃんとできた日には、(長男は、邪魔しなかった日には(笑))
パパからのご褒美として、お小遣いがあったのですが、

映画を見に行った際、
そのお金で、お出かけ用のポシェットを買いたいという次女。
ちょうどいいファンシーショップのような店もなく、
そんなに沢山のお金はなかったので、
果たして足りるのか・・・とちょっと心配だったのですが、
サンリオでお気に入りのポシェットを見つけ、
店に座り込んでガサゴソとお金を数え、なんとか足りる!と、
嬉しそうに購入してたのが、とってもかわいかったのです。

「私は貯めておいて、本当にほしいものが見つかった時に買う」
とは、さすがの堅実な長女・・・(笑)

実家に帰ると、普段なら、
ここぞとばかりに夜中までTVや録画の映画など見て、
なんだかんだ夜更かししてしまうのですが、
ちょうど、居間のTVが壊れていたこともあり、
夜もぐっすりとよく眠れました(笑)
丁度オリンピック期間だったので、逆にTV壊れててよかったかも・・・。

(自分で作らない)美味しいご馳走を頂いて、
スイッチひとつで適温のお湯が沸く魔法のようなお風呂に入り、
ちょっと歩けばあっちにもこっちにも24時間営業のコンビニがある!
という、私にとっても、本当にこの上ない休息の時でした(笑)
やっぱり、実家っていいものですね。
逆に、実家が薪風呂!とかってどうなんでしょう。
旅立ったわが子たち、帰省してくれるのでしょうか(笑)

~つづく~


お盆休み 里帰り~(2)いざ東京へ! [島暮らし]

tky (71).JPG

そして翌日
朝4時過ぎ起床!
起きてすぐシャワーを浴びて目を覚まします。
そして目指すは東京、調布市!
一路、車を走らせます。
四国から調布へ、陸路で帰る場合、
幾つかの選択肢があります。
大体は山陽道→名神→中央
という流れで帰るのですが、
今回は中央高速へ行かずに
新東名、そして圏央道というルートで帰りました。
移住前は新東名、圏央道共に開通前でしたので(一部区間ですが)
便利になったなぁ~とつくづく思いました。
僕らの故郷、調布市から東名高速へは若干アクセスが悪かったのですが
これで調布インターからスムーズに東名にアクセスできるわけです。
いやぁ~東京は日々
進化し続けていますなぁ~。

この日は調布駅近くのカフェで
みずたま農園を応援していただいている、
O様一家とお食事のお約束をしていまして
ナビと睨めっこしながら
時間に間に合うように、祈りながら車を走らせていたのですが
その甲斐ありまして、余裕を持って調布駅に到着。
そしてO様一家と楽しくお食事ができました。
奥様とはもう何度も、
お電話やメール、またお手紙などでやり取りをさせていただいていたのですが、
お会いするのは初めてにも関わらず
と~っても楽しくお話をさせていただきました。
特に旦那様とはお話もはずみ、
しゃべり過ぎてしまいました。
ありがとうございました~
今度は島へ遊びにいらしてください~

そしてその後は調布市内の妻の実家へ皆で。
久しぶりの家族団らんとなりました。
うん、うん、
やはり家族が揃うのは良いですなぁ~
四国~東京の距離が遠い分
喜びも大きいです。
飛行機を使えば、松山~羽田はわずか1時間半ほど。
車では10時間ほどかかります。
ですが、あの狭い空間を皆で共有し、
距離を体感することに
なんとなく意義を感じていまして
アクア君に頑張ってもらっています。
ただ、
年々身体がきつくなって来ておりますので
いつまでできることやら・・・。


何気ない会話、皆で囲む食卓。
久しぶりの休息の時間なのです~




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -